生成AI

経産省が発表した「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」を理解しよう

contents-ai-guidebook
画像引用:コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック(経済産業省)

経済産業省が発表した「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」は、生成AIを利用したコンテンツ制作における重要なガイドラインです。このガイドブックは、生成AIの適切な利用方法や注意点を具体的に示し、クリエイターや企業が直面する可能性のある法的問題を解決するための手助けをします。本記事では、このガイドブックの内容をわかりやすく解説し、生成AIを活用する際のポイントを紹介します。

参考:コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック(経済産業省)

ガイドブックの趣旨・目的

「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」は、コンテンツ制作に携わるクリエイターや企業を対象に、生成AIの適切な利用方法を示すことを目的としています。このガイドブックは、生成AIが提供する新しいクリエイティビティと効率性を活かしつつ、知的財産権やその他の権利の保護に配慮した利用を促進します。具体的には、ゲーム、アニメ、広告の各産業における生成AIの利用ケースと、それぞれのシーンでの留意点や対応策を紹介しています​​。

生成AIの適切な利活用に向けて

生成AIの利用は、クリエイティブな作業をサポートし、新しいアイデアやデザインの創出を助けるツールとして期待されています。しかし、生成AIの利用には権利侵害や不適切な利用のリスクも伴います。そのため、ガイドブックでは、生成AIを利用する際の基本的な考え方や法的留意点を説明しています。例えば、生成AIが出力するコンテンツが他人の著作物に似ている場合の対応策や、生成AIの利用による知的財産権の保護方法について詳述されています​​。

本ガイドブックの利用方法と位置づけ

ガイドブックの利用方法は、生成AIを活用したコンテンツ制作の企画や検討、利用する生成AIサービスの選択、リーガルチェック、社内ガイドラインの作成など多岐にわたります。ガイドブックは、生成AIを利用しない従来のコンテンツ制作での留意点を前提に、生成AI特有の留意点と対応策を追加的に示しています。また、政府関係省庁のガイドラインや各種報告書とも連携しており、最新の情報に基づいた適切なガイドラインを提供しています​​。

生成AIの最新活用ケース

case

ガイドブックには、2023年から2024年にかけての生成AIの活用事例が多数紹介されています。具体的な内容として、各産業における生成AIの活用ケースと留意点、対応策が詳細に説明されています。

活用ケース1:ゲーム産業

ゲーム産業では、生成AIがさまざまな場面で活用されています。例えば、インディーズゲーム開発を行うAI Frog Interactiveでは、少人数の開発体制でも品質の高いゲームを効率よく制作するために、複数の生成AIを組み合わせて利用しています。具体的には、Unreal Engine5などの開発環境に画像生成AIやテキスト生成AIを組み合わせ、2D/3Dアートワークや世界観の設定、プログラムコードを生成しています。2Dキャラクターのアイデア出しからデザインの修正、アートワークの作成までをリアルタイムに確認しながら行うことが可能となっています​​。

また、モリカトロンの事例では、生成AIを活用してマーダーミステリーゲームを開発しています。例えば、ゲームの設定に沿って背景やキャラクターのビジュアルを自動生成し、ストーリー構成やキャラクターの背景画像などを生成AIで作成しています。これにより、プレーヤーの入力に応じてゲームが進行する仕組みを実現しています​​。

活用ケース2:アニメ産業

アニメ産業では、生成AIがキャラクターデザインや背景画像の生成に利用されています。K&Kデザインとタジクのプロジェクトでは、ラフデザインや手描きスケッチをベースに生成AIを利用し、キャラクターのバリエーションを自動生成しています。さらに、生成された背景画像に光源を加えるなどの編集を行い、最終的な制作物を人の手で仕上げることで、著作権侵害の可能性を低減しています​​。

DLEとFusicの共同開発による「AI吉田くん」のプロジェクトでは、音声合成技術を用いてキャラクターの声と口調を再現しています。この技術により、キャラクターが自律的に発話することが可能となり、個人利用の場面で自作動画への組み込みが促進されるとともに、アニメーションの創造性が拡大しています​​。

活用ケース3:広告産業

広告産業においても、生成AIは広告クリエイティブの制作を支援しています。サイバーエージェントの「極予測AI」では、広告コピーと画像の生成機能を実装し、効果予測を行っています。自社の大規模言語モデル(LLM)とChatGPTを活用し、ターゲティングごとに特性や画像内容を考慮した広告コピーや画像の生成が可能となっています。また、生成された画像は従来の撮影で必要だった機材やセットを用意せずに済み、多様なシチュエーションの組み合わせを自動生成することができます​​。

伊藤園の「お~いお茶 カテキン緑茶」のCMでは、AIモデル社が提供する「AIタレント」を起用し、生成AIで作成した肖像を使用しています。さらに、生成AIによる広告素材の生成だけでなく、商品パッケージのデザインにも活用されています​​。

生成AIによるコンテンツ制作時の留意点と対応策

このガイドブックでは、生成AIを利用する際の法的留意点や対応策についても詳述されています。以下に、主な留意点と対応策を説明します。

ゲーム産業における留意点と対応策

留意点

  1. 著作権侵害のリスク: 生成AIが出力するキャラクターや背景が他の著作物に類似している場合、著作権侵害のリスクが生じます。
  2. 品質管理: 生成されたコンテンツの品質を維持するために、人間の監督と修正が不可欠です。
  3. データ利用の適法性: 学習データとして使用するデータセットに著作権侵害の可能性がないか確認する必要があります。

対応策

  1. 著作権チェック: AIが生成したキャラクターや背景が既存の著作物に似ていないかを確認するために、類似性チェックを行います。画像検索や専門ツールを使って類似度を分析します。
  2. 人間による修正: AIが生成したコンテンツを人間が最終的に確認し、修正を加えることで品質とオリジナリティを確保します。特に、細部のデザインや全体のバランスを整えます。
  3. データ利用の適法性確認: 学習データとして使用する際には、著作権を侵害しないデータセットを選び、利用するデータの出所を明確にします​​。

アニメ産業における留意点と対応策

留意点

  1. 著作権侵害のリスク: 生成AIが出力するキャラクターや背景が他の著作物に似ている場合、著作権侵害の可能性があります。
  2. 権利関係の明確化: AI生成物の権利関係を明確にし、適切なライセンス管理が求められます。
  3. キャラクターデザインの一貫性: 生成されたキャラクターのデザインが統一されているか、スタイルが一致しているかを確認する必要があります。

対応策

  1. ライセンス管理: 生成されたコンテンツの権利関係を明確にし、適切なライセンス管理を行います。特に、第三者の著作権を侵害しないよう、使用許諾を取得します。
  2. 人間によるチェック: AIが生成したキャラクターや背景を人間が確認し、修正することで権利侵害を防ぎます。特に、キャラクターの表情や動きに関して人間の監修が重要です。
  3. デザインの一貫性確保: キャラクターデザインの一貫性を保つために、生成されたデザインを統一し、必要に応じて修正を加えます​​。

広告産業における留意点と対応策

留意点

  1. 著作権侵害のリスク: AIが生成した広告コピーや画像が他の著作物に似ている場合、著作権侵害の可能性があります。
  2. 効果予測の正確性: 生成された広告の効果を正確に予測することが難しい場合があります。
  3. ブランディングと一貫性: 広告のトーンやスタイルがブランドのイメージに合っているか確認する必要があります。

対応策

  1. 事前チェック: 広告コピーや画像の生成前に著作権侵害のリスクをチェックし、必要に応じて修正を行います。特に、使用するテキストや画像の出所を確認し、著作権侵害のリスクを回避します。
  2. 効果予測ツールの利用: AI生成物の効果を予測するツールを使用し、事前に効果を評価・確認します。効果予測の結果を基に、広告の内容やターゲットを調整します。
  3. ブランディングの確認: 広告のトーンやスタイルがブランドのイメージに合っているかを確認し、必要に応じて修正を加えます。ブランドガイドラインに沿った内容を確保するためのチェック体制を構築します​​。

まとめ

「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」は、生成AIを活用するクリエイターや企業にとって貴重な指針です。ガイドブックは、生成AIの持つクリエイティブな可能性を最大限に引き出しつつ、法的リスクを最小限に抑えるための具体的な方法を示しています。今後も生成AIの技術は進化し続けるため、このガイドブックを活用し、適切な対応を心掛けることが重要です。

bcp-image事業継続に不可欠な「BCP」と「BCM」の違い、そして「BCMS」について前のページ

脱VPNが進む背景と、代替ソリューションとして期待される「ZTNA」次のページsecurity-image

関連記事

  1. perplexity-image
  2. retrieval-augmented-generation

    生成AI

    RAG(Retrieval-Augmented Generation、検索拡張生成)とは何か

    AI技術の進化に伴い、自然言語処理(NLP)…

  3. assistant-image

    生成AI

    「ロコアシ」なら、生成AI活用人材にオンラインアシスタントを頼める

    生成AIによる技術革新が進む中で、そのキャッ…

  4. cognition
  5. ai-report-image
  6. 生成AI

    生成AIの誤情報に注意!「ハルシネーション」について知っておこう

    近年、生成AIの技術は急速に進化し、多くのビ…

人気の記事

  1. bpaas-image
  2. incivility-image
  3. cognition
  4. kurashiru-job
  5. zcareerplatform

最近の記事

  1. solopreneur
  2. skill-image
  3. IFRS
  4. Gillette-Model
  5. north-star-metric

カテゴリー

PAGE TOP