ソウルドアウト、中小・ベンチャー企業のためのデジタルマーケティング人材育成プログラムを開発

News

地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で展開するソウルドアウト株式会社は、中小・ベンチャー企業のデジタル化に対応するためのデジタルマーケティング人材育成のプログラムを開発した。

プログラム開発の背景

昨今、テクノロジーの進化が急激に進み、マーケティングとその周辺領域をデジタル化する必要性が増加してきている。一方で、地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業はデジタルマーケティング活用をできるノウハウと人材が不足しているのが現状である。

経済産業省の発表によると、費用対効果が明確でないことからITを導入しない中小企業は、業種や企業規模にかかわらず6割程度ある。また、業務の性質上、業務内容に適していないことからITを導入しない中小企業は、全体として5割程度で、特に製造業などでは6割を超えている。知識・人的な理由からITを導入しない中小企業が、業種や企業規模にかかわらず6割程度ある。

中小企業のIT化を推進するためには、これらの課題(資金・知識・人材)への施策対応が必要であるということが提唱されている。

ソウルドアウトでは、その課題を解決するため、営業スタッフや運用コンサルタントなどを対象に、マーケティングとその周辺領域のデジタル化に関する知識を向上させるプログラムを開発した。

顧客の事業成長をデジタルマーケティングだけでなく、ITという側面からも支援できる人材の育成を行っていく方針だ。

プログラム概要

2018年

Webサイトで文字を入力する際に用いられるマークアップ言語であるHTMLや、プログラミング言語であるJavaScript、マーケティングのデジタル化に欠かせないデータフィード(自社の商品のデータを、広告配信先のフォーマットに変換して送信する仕組み)などの知識を習得する。

2019年以降

クラウドデーターベース(インターネット上のデータベースを利用するサービス)の導入方法を学ぶなど、デジタルマーケティングの周辺領域を学習するプログラムへと範囲の拡張をめざしている。
学習は、オンライン研修とオフライン研修を並行して行う。オンライン研修や、テストおよび資格試験、現場のOJTフォロー研修などで知識の定着を図っていくようだ。