Zehitomo、ローカルビジネス向け顧客獲得支援の資金調達を実施

News

仕事を依頼したい人と、専門職のフリーランスや中小企業の方々などを繋げる顧客獲得プラットフォーム「Zehitomo(ゼヒトモ)」を運営する株式会社Zehitomoは、500 Startups Japan、KLab Venture Partners株式会社、Draper Nexus Ventures、株式会社ベクトル VECTOR INC.、みずほキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、Social Starts,LLC、および複数の個人投資家より、総額4億円の資金調達を2018年5月に行った。

今回の資金調達を受け、事業の成長を加速させることができる優秀な人材の積極的な採用、および、スキルを持つプロフェッショナルの人々に認知してもらうためにマーケティングを強化した。

資金調達に関するコメント

株式会社Zehitomo CEO ジョーダン・フィッシャー

ローカルサービスには、飲食業と同じくらいの巨大なマーケットがあると言われています。
日本には技能がありレベルが高い業者がたくさんいますが、彼らに出会う方法やツールがあまり開拓されていません。プロ(業者)にとっては、オフラインで非効率な宣伝をすることが当たり前になっています。また仕事を依頼したい人にとっても、値段など受注条件が不透明なせいで、本当に良い業者なのかどうかがわかりづらい状態です。このような状況は非常にもったいないことだと感じていますし、だからこそ、日本社会が変わる大きなチャンスがそこに眠っていると考えています。

今回の資金調達を通してさらにZehitomoを拡大し、フリーランスや中小企業の方々の課題解決に貢献したいと思っています。そのためにも現在、当社では一緒に働く仲間を募集しています。日本のローカルサービスを一緒に盛り上げていきましょう!

500 Startups Japan ジェームズ・ライニー 氏、澤山 陽平 氏

日本で本当の意味でのシリコンバレー式のスタートアップは少ないですが、僕が見てきた中で、Zehitomoが一番それに近いかもしれません。Zehitomoは、テクノロジーにも営業にも強く、とてつもないスピードで進んでいます。また、いろんなバックグラウンド・言語が話せるダイバースな人が集まっていて、グローバルマインドなカルチャーを築けています。東京にいながら、シリコンバレーを体験してみたいと思っている人がいるなら、Zehitomoがあなたにぴったりかもしれません!

Zehitomoについて

「あなたの毎日に、プロからアイディアを。」

Zehitomoは、仕事をお願いしたい依頼者と、カメラマン、ヨガ講師、英語教師など様々な「プロ」をつなぐプラットフォーム。

依頼者には、毎日の生活をサポートするものから今まで利用しようと考えたことがないような便利なサービスまで提供し、またプロには仕事の幅や可能性を広げ、日本のローカルサービス、そして働き方を変えていく方針だ。

日本初の応募課金モデル

依頼者もプロも、手数料はゼロ。プロは報酬の全額を受け取ることができ、依頼者も余計な手数料を負担する必要はない。

Zehitomoのビジネスモデルは従来の決済手数料モデルではなく、プロが依頼に対してオーダーメイド提案を送る際に応募課金する仕組みである。 応募費用は平均約500円程度で、プロにとって最小限のコストで新規顧客を獲得できる。

プロからオーダーメイド提案がすぐに届く

英語教師やヨガ講師、カメラマンなど幅広く、厳選された優良なプロが多数登録している。

依頼者は、プラットフォーム上で日時や場所、頼みたい仕事の条件に関する質問に回答すると、その条件にあった最大5名のプロから直接、チャット形式にて自分専用にカスタマイズされた提案が届く。

依頼者からの一週間の依頼数は約1,000件以上

現時点で、Zehitomoのプロ登録数は50,000以上、言語は日本語・英語に対応している。プロは1000以上のカテゴリーに登録できる。また、依頼者からの1週間の依頼数は約1,000件以上で、月間80万人がZehitomoにアクセスしている。

Zehitomoが解決したい課題

Zehitomoは、日本のフリーランスや中小企業と、個人の「繋がり方」を変えるために生まれた。

国内のローカルサービスのマーケットは数十兆円規模の市場といわれているが様々な課題が存在している。

仕事をお願いしたい依頼者は、検索サイトなどでプロを検索し比較する必要があり、またプロの比較検討が難しく市場価値がわからないため、最適なプロに出会いづらい環境である。

またプロは、業界の専門性に長けているのにも関わらず、仲介手数料が高いため少額の報酬しか受け取ることができない現状がある。また検索エンジンや情報サイトでは大企業が検索結果の上位を占めていることも影響し広告費が高く、依頼者に検索し見つけてもらうのが未だ難しい現状がある。

近年、政府は、日本経済を活性化させるために「働き方改革」の取り組みを始め、柔軟・多様な働き方を広げる改革を積極的に促進している。

Zehitomoは、誰もが個人の選択肢を限定されることなく理想とするプロと繋がるサービスを提供し、専門性に特化したフリーランスや中小企業はもちろん、すべての人にとって働きやすい社会の構築を目指している。