アプリコット・ベンチャーズ、約7億円の1号ファンド 「Apricot Venture Fund 1号投資事業有限責任組合」を組成

News

株式会社アプリコット・ベンチャーズは、1号ファンドとなる「Apricot Venture Fund 1号投資事業有限責任組合」を組成した。

1号ファンドは、2018年秋を目途に引き続き出資者の募集を行い、出資約束金総額が10億円に達するまで拡大予定だ。本ファンドでは、日本のシードステージのITスタートアップへの投資を予定しており、現在3社に出資している。

本ファンドの概要

  • 名称  Apricot Venture Fund 1号投資事業有限責任組合
  • ファンド総額  約7億円
  • 主な投資対象  日本を中心とするシードステージのITスタートアップ
  • 主な出資者  インキュベイトファンドLP投資事業有限責任組合、株式会社マイナビ、東急不動産株式会社、Mistletoe Venture Partners株式会社、個人投資家

株式会社アプリコット・ベンチャーズについて

同社は、「挑戦を支える。結実につなげる。」をミッションとして、主に大手企業・事業会社からスピンアウト(独立)する起業家を支える、シード期に特化したベンチャーキャピタル。

起業を検討・予定されている人向けのコミュニティ「Guest Dinner」、先輩経営者や各分野のプロフェッショナルに個別相談ができる「Mentoring Day」、投資先企業が入居可能なコワーキング・オフィス「GUILD SHIBUYA」の運営を行っており、起業家同士・先輩経営者・各分野のプロフェッショナルのコミュニティを通じた、創業支援を目指している。