ランサーズ、フリーランスのためのコミュニティ形成の場として住まいの支援開始

News

フリーランス総合支援プラットフォーム ランサーズ株式会社は、株式会社ウィルグループが運営する、ITエンジニア/クリエイター向けコンセプト賃貸「TECHRESIDENCEbeta FUTAKOTAMAGAWA(テックレジデンスベータ二子玉川)」と連携し、フリーランスのためのコミュニティ形成の場として住まいの支援を開始した。

フリーランスは、自由な働き方ができる一方で、個人で仕事をするケースが多いため、人脈が広がりにくく、学ぶ機会も得られにくい傾向がある。コミュニティを形成できる場を提供することで、周りに相談しながら他者とチームを組み、自分のスキルを発揮できることに時間を使えるようになる。今後もランサー生活圏を拡大し、フリーランスの事業支援ならび新たなコミュニティ形成の支援に努めていく方針だ。

コミュニティ形成支援の背景

フリーランスの経済規模が拡大する中、フリーランスはこれまで個人での契約形態で仕事をすることが多く、個人では請け負う仕事が限られていたり、個の力しか発揮できない、また自分のスキルが現状どのレベルにあるのか相対的に判断することが難しいなど、フリーランスならではの不安や悩みが浮き彫りになってきている。

希薄化する他人とのつながりに不安を抱えるフリーランスが、コミュニティを築くことで、より大きな価値を創造したり、仕事規模が拡大することを目的に、このたびウィルグループと連携し 「TECHRESIDENCEbeta FUTAKOTAMAGAWA」をフリーランスのためのコミュニティ形成の場として支援していくようだ。

コミュニティ形成の支援を拡大することにより、フリーランスの多様な働き方の選択肢を提供する方針だ。

コミュニティ形成について

学びと刺激がある住まいIT業界特化型コミュニティ賃貸「TECHRESIDENCEbeta FUTAKOTAMAGAWA」の一番の魅力はコミュニティ。

ITエンジニア、クリエイター限定の住まいは、日常の何気ない会話の中に、新しい情報やアイデアが溢れている。リビングが勉強会や開発スペースになる機動的な環境で、可能性が拡がる。

ランサー生活圏について

多様な働き方を選択するにあたり、働き手には「信用力の担保」や「金銭面の安定」などの課題、「社会保障」「情報収集」の悩みが生じている。

『ランサー生活圏』を構築することで、働き方の自由な選択の阻害要因を解消する支援を行っている。金融ニーズに対して融資・決済サービスを開発・提供するほか、設備や教育訓練の投資支援、取引法制の周知・遵守徹底、決済、コミュニティ形成の支援など多様な働き方の選択をできる環境づくりを目指している。