福岡市実証実験フルサポート事業「キャッシュレス」プロジェクト、LINEグループが「福岡市施設」での単独採択企業に

News

LINE株式会社、子会社でコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上でモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を運営するLINE Pay株式会社、同じく福岡を拠点とする子会社のLINE Fukuoka株式会社は、福岡市主催のAIやIoT等の先端技術を活用した社会的課題の解決等に繋がる実証実験プロジェクトを全国から募集し、市が実証実験をサポートする「福岡市実証実験フルサポート事業」の「キャッシュレス」に関する実証実験プロジェクトに採択されたことを発表した。

福岡市は、『キャッシュレスFUKUOKA』を合言葉として,市と民間企業が一体となってキャッシュレスの推進に取り組むことで、キャッシュレスの取り組みを誘引・活発化させ、多くの市民や観光客に体験してもらうことで、キャッシュレス化促進と民間企業の取り組みの加速を図るプロジェクトを推進している。

このたび、LINE株式会社、LINE Pay株式会社およびLINE Fukuoka株式会社は、「福岡市実証実験フルサポート事業」の「キャッシュレス」に関する実証実験プロジェクトの「福岡市施設」「民間施設」の双方で採択された。今後、福岡市とともにグループ各社で連携しながら市のキャッシュレス化を推進する活動を行っていくようだ。

2018年6月中には、動植物園、美術館、博物館、自転車駐車場などの市施設と、市内各所の屋台、タクシー、商店街などの民間施設で「LINE Pay」を導入し、キャッシュレス・ウォレットレスの実証実験を行うようだ。

実証実験では、「LINE Pay」に加え、市が開設している福岡市LINE公式アカウントとも連動させるなど、LINEのサービスを複合的に利用することも視野に入れている。これにより、市民の方々の生活がより便利・快適なものになることを目指すとともに、市内の99%を占める中小企業の生産性向上や、商業都市・観光都市としての魅力向上に貢献していく方針だ。