エン・ジャパン、「2018年 中小企業の夏季賞与」実態調査を実施

News

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』上で、従業員数300名以下の企業を対象に「夏季賞与」に関するアンケート調査を実施。584社から回答を受け取り、その結果を発表した。

調査結果 概要

  • 中小企業の夏季賞与支給額、35%が増額と回答。メーカー・商社では90%以上が増額予定。
  • 夏季賞与の増額幅は、半数が「5%未満」。増額理由は「業績好調」「社員の意欲向上」。
  • 夏季賞与の減額幅は、3割が「5%未満」。減額理由は「業績不振」。

調査結果 詳細

中小企業の夏季賞与支給額、35%が増額と回答。メーカー・商社では90%以上が増額予定。

『エン 人事のミカタ』を利用する従業員300名以下の企業を対象に、2018年の夏季賞与の支給予定の有無を調査。82%の企業が「支給予定」と回答。夏季賞与を支給予定の企業に「昨年(2017年)の夏季賞与と比較し、支給額に変動はありますか?」と聞いたところ、「増額予定」が35%という結果になった。業種別で「増額」の回答比率が高かったのは、「商社」(93%)、次いで「メーカー」(91%)となった。

夏季賞与の増額幅は、半数が「5%未満」。増額理由は「業績好調」「社員の意欲向上」。

夏季賞与を増額予定の企業に「昨年(2017年)の夏季賞与と比較し、何%程増加しそうですか?」と質問をした。51%の企業は「5%未満(1%未満:2%、1~3%未満:23%、3~5%未満:26%)」と回答。増額する理由は第1位「業績が好調」(74%)、第2位「社員の意欲向上」(67%)、第3位「離職・退職の予防」(20%)となった。

夏季賞与の減額幅は、3割が「5%未満」。減額理由は「業績不振」。

夏季賞与を減額予定の企業に「昨年(2017年)の夏季賞与と比較し、何%程減額しそうですか?」と聞いたところ、「5%未満(1~3%未満:14%、3~5%未満:14%)」と回答した企業が28%となった。

減額理由は第1位が「業績不振」(74%)、第2位「その他」(13%)。「その他」と回答した企業からは「前回多く支給しすぎたから」「経費圧縮のため」などの理由が寄せられた。

調査概要

  • 調査方法:インターネットによるアンケート
  • 調査期間:2018年4月25日~5月29日
  • 回答企業数: 584社