M&Aの成功・失敗の分かれ目!?PMI(Post Merger Integration)とは何か

Input

この記事では、M&A後の統合プロセスを示す「Post Merger Integration(ポスト・マージャー・インテグレーション)」についてまとめています。

PMI(Post Merger Integration)とは

「PMI」とは、Post Merger Integration(ポスト・マージャー・インテグレーション)の略で、M&A(企業の合併・買収)成立後の統合プロセスのことです。買収の検討段階で見込まれた相乗効果を顕在化させていくプロセスとも言えます。

M&A後に新しい組織体制の下で経営統合によるシナジーを具現化するために、企業価値の向上と長期的成長を支えるマネジメントのしくみを構築、推進するプロセスの全体を指します。

PMIの出来によってM&Aが企業活動にもたらす成果の度合いは大きく変わります。

理想的には、M&Aが確定する前に準備を始め、決定した時点では既にPMIのプランが出来ていることが望ましいとされています。

しかし、PMIの検討範囲は、経営ビジョンや組織文化・風土といったものから、事業拠点の統合、業務プロセスの統合などのハード的・定量的なものまで、企業経営のほぼ全てと言っても過言ではないほど広範に渡ります。理想通り、M&A決定時点でPMIの計画が明確になっていることは多くありません。中でもソフト面におおける融和は非常に困難とされています。人や企業文化の融合や、意識改革、お互いに受け入れる気持ちを持つことは人の感情の問題もあるため容易ではありません。

M&Aを成功させるためには、こうしたPMIの重要性を経営トップが認識し、自社、外部アドバイザー、相手会社をも巻き込んだ十分な人材で、常に前倒しの準備行うことが重要といえるでしょう。また現在、事業承継をどうするかが日本では課題とされていて、今後後継者不足で悩まされる企業が統合されていく事例が増えていくと予想されます。その際にPMIに長けた人材、経験豊富な人材は、引く手数多になるでしょう。

PMIについて参考になる本・書籍

M&Aシナジーを実現するPMI

M&Aシナジーを実現するPMI
ウイリスタワーズワトソン
東洋経済新報社

トップコンサルタントが明かす ポストM&A成功44の鉄則

企業買収後の統合プロセス