ローランド・ベルガー、「凄腕バンク」と「異能バンク」を創設

News

欧州系最大の戦略コンサルティングファームの日本法人である株式会社ローランド・ベルガーは新たな価値創造の仕組みとして、「凄腕バンク」と「異能バンク」を創設した。

ローランド・ベルガーは2016年より、和ノベーションという日本型のオープンイノベーションの取り組みを進めている。

和ノベーションは、志を共にする仲間がオープンに対話をしながら、自由自在に仲間たちの「武器」を組み合わせて、新たな価値を生みだす取り組みのこと。

これまでに、和ノベーションの仲間企業10社で30を超えるプロジェクトでタッグを組み、新たな価値を生み出す取り組みが進められてきた。

新たな価値創造の取り組みとして、以下の2つのバンクが創設される。

「凄腕バンク」は、自らが持つユニークな得意技を社会に届けたい企業の集まり、「異能バンク」は強い意志と想いを持ち社会を盛り上げたい個人の集まりのこと。

凄腕バンク

主に、尖った技術、ユニークな技を持つ日本のスタートアップに参加が依頼されている。ローランド・ベルガーが流通機能を担い、彼らが持つ価値の社会実装を加速するのが目的である。

仲間企業のクライアントに留まらず、様々な日本企業に届けることを目指しているようだ。

異能バンク

ローランド・ベルガーがこれまで仲間企業や社内外のネットワークから出会ってきた「異能」な人々を、強い刺激を求めている様々な企業とつなぎ、新たな気付きを創出することが目的。

ローランド・ベルガーの異能人材のみならず、多種多様な異能人材を時間単位で活用できる仕組みがスタートする。

現時点では、和ノベーションの仲間企業の役員、同社代表および役員が登録していますが、年内に50人規模のバンクを実現する予定だ。

仲間企業の拡大、凄腕バンク、異能バンクをフルに活用して、日本企業が、企業の社員一人一人が新たな価値を生みだし、創造生産性を高める世界の実現にこだわり、今後とも活動を加速してまいります。