連続起業家・家入一真と、ベンチャー企業経営者らによるシードラウンド向けベンチャーキャピタル「NOW」設立

News

連続起業家でエンジェル投資家でもある家入一真氏と、VCや証券会社で多数の投資やIPO支援実績を有する梶谷亮介氏は、シードラウンド向けの投資を行うベンチャーキャピタルNOW株式会社を設立した。

NOWは、「Next One for the World.」をコンセプトに、様々なベンチャー企業経営者をアドバイザリーボードに迎え、次世代を代表するスタートアップの創出や育成、新産業やスタートアップエコシステムの発展を目指している。

アドバイザリーボードには、田中良和氏(グリー株式会社/代表取締役会長兼社長)、 内藤裕紀氏(株式会社ドリコム/代表取締役社長)、佐藤裕介氏(株式会社フリークアウト・ホールディングス/取締役、 ヘイ株式会社/代表取締役社長)、嶺井政人氏(株式会社マイネット/取締役副社長)、今泉卓也氏(株式会社GameWith/代表取締役社長)、都築明寿香氏(日本経済大学/学長)などスタートアップエコシステムの中心で活躍する著名な経営者を迎え、案件の発掘から投資先の育成に関与する。

またクリエイティブアドバイザーとして、様々な企業のビジョン/PR開発の実績を有する高木新平氏(株式会社ニューピース/代表取締役)を迎え、支援先のクリエイティブの向上にも注力していくようだ。

あわせてNOWは、「Founder Foundry 1号投資事業有限責任組合」(無限責任組合員はFounder Foundry有限責任事業組合、NOWは当該有限責任事業組合の組合員)を組成し、投資活動を開始した。

ファーストクローズでの出資者は、LINE株式会社、グリー株式会社、株式会社セプテーニ・ホールディングス、FFGベンチャー投資事業有限責任組合第1号、APAMANグループ、都築学園グループなどで、今後、大手金融機関や事業会社からの出資を予定しており、上限50億円を目処に募集活動を継続していく方針だ。

NOWが掲げる3つの方針

エンジェル投資家のスタンスを貫く

人に投資する。原体験から生まれる、起業家の物語に投資する。打算的にマーケットに張ることはしない。

エンジェル投資家とは、自身も起業家であることから、常に起業家側に立ち、信じ、共に歩む存在である。起業家が打席に立ち続ける意思のある限り、支援し続ける。

居場所をつくる人、をつくる

居場所を多様化する。

100年後の人類にとっては当たり前になっている可能性のある、居場所をつくる起業家に投資する。

投資を通じて、さまざまな生き方を肯定できる世界をつくる。また、起業家を孤独にさせないために、リバ邸やコワーキングスペース、イベントなどを通じてコミュニティを形成していく。戻って来られる”居場所”があることで、人は挑戦できる。

小さな経済で、大きな経済を変える

経済を民主化する。インターネットの革命とは、あらゆる権威を解体し、すべてを個の手に取り戻すことである。

いま各所で生まれつつある個を中心とした“小さな経済圏”をエンパワーメントし、それらを社会標準にしていくことで、20世紀の大きな経済をアップデートしていく。NOWは、ポスト資本主義の生き方・国家を支えていくファンドになる。