ABEJA、シリーズCラウンド総額約42億5,000万円の資金調達を完了

News

ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を展開する株式会社ABEJAは、第三者割当増資を実施し、2018年6月29日にシリーズCラウンド総額約42億5,000万円の資金調達の完了を発表した。

今回の資金調達では、合計9社の既存株主および新規引受先より資金調達を実施した。

シリーズCラウンドの引受先

既存株主

  • PNB-INSPiRE Ethical Fund 1投資事業有限責任組合(株式会社インスパイアPNBパートナーズ運営)
  • エヌビディア コーポレーション
  • 株式会社産業革新機構

新規引受先

  • SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合(SBIインベストメント株式会社運営)
  • ダイキン工業株式会社
  • TBSイノベーション・パートナーズ2号投資事業組合(TBSグループ運営)
  • 株式会社トプコン
  • 日本郵政キャピタル株式会社
  • 武蔵精密工業株式会社

なお、この度調達した資金の使途は主に次の3点。

1点目は、ASEANおよび米国等の海外における各進出エリアにおいて「ABEJA Platform」上で世界レベルの分散環境を構築するため、AI運用システムの拠点を整備する資金として充当し、海外展開を図ること。また、本AI運用システムは、2018年5月より適用開始となった「一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)」の対応も視野に入れ設計する予定だ。

2点目は、現在、小売・流通業界、製造業界、インフラストラクチャー業界に提供している業界特化型パッケージサービス「ABEJA Insight」の対象業界を拡充するため開発費用に充当し、「ABEJA Platform」の顧客およびパートナーとともに「ABEJA Insight」の協創に取り組んでいくこと。

3点目は、さらなる成長に向け、組織体制の強化に資金を充当すること。具体的には、研究開発および研究開発に紐づく知的財産活動の強化、AI特にディープラーニングの領域において専門知識を有する人材のさらなる獲得に取り組んでいくようだ。

ABEJAは、今回の資金調達を長期的な成長に向けた基盤構築に活かし、引き続き、AI、特にディープラーニングの活用により、国内外問わず多様な業界、シーンにおけるビジネスのイノベーションを促進し産業構造の変革に貢献していく方針だ。