事業承継の社会課題を解決!M&Aマッチングサイトまとめ!

Input

事業承継とは何か?

事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことを指します。

中堅中小企業にとって、オーナー社長の経営手腕が会社の強みや存立基盤そのものになっていることが多く、「誰」を後継者にして事業を引き継ぐのかは重要な経営課題です。

また、事業承継は単に「次の社長を誰にするか(経営承継)」という問題ではなく、会社の経営権そのものの「自社株を誰に引き継ぐか(所有承継)」、「後継者教育をどう行うか(後継者教育)」ということも重要な問題です。

事業承継が注目される背景は?

日本政策金融公庫の調査によれば、経営者の引退に伴い、2020年までに廃業のリスクに直面する企業は103万社に上るという試算が出ています。

つまりは、事業承継問題を放置すれば、廃業が急増し、約650万人の雇用と約22兆円のGDPを失う可能性があるということです。

このような深刻な事態により、事業承継ビジネスは、ニーズの増加を受け、様々なプレイヤーから着目されています。

中には、円滑な事業承継を支援する人材を育てる「事業承継シニアエキスパート」という認定講座・認定試験も開設されています。

事業承継、に有用!M&A仲介、M&Aマッチングサイトまとめ

ビズリーチ・サクシード

2017年11月に、プロフェッショナル人材向けの転職サービスを提供しているビズリーチが、事業承継の課題の解決を目指すためリリースしたサービスです。

サービスの内容は、譲渡企業は審査を経て、会社概要や財務状況などを匿名で「ビズリーチ・サクシード」に登録し、譲り受け企業は掲載情報を閲覧し、連絡を取ることができ、二社のマッチングを図るというものです。

TRANBI(トランビ)

株式会社トランビが運営している事業の譲渡を希望する方(売り手)が 「事業の買取り希望の方(買い手)を無料で募る」 ことができるオンラインサービスです。

2011年7月からサービスを開始し、2018年5月には、登録ユーザー数が7000社を突破しています。

事業の譲渡を希望するユーザーは、譲渡する事業を「M&A案件」としてトランビに登録することで、譲り受けを希望するユーザーから問合せを直接受け取ることができる国内初の事業継承M&Aマーケットです。

&Biz(アンドビズ)

日本M&Aセンターグループが27年間運営している日本で一番最初に始められた中堅中小企業向けM&A仲介サービスです。

登録するとレコメンド機能によって会社が紹介され、相手との交渉が始まります。

また、相手と直接交渉するよりも成約率の高いアドバイザーからのサポートも依頼可能です。さらに、コストとスピード重視の公開マッチングと質と信頼性重視の非公開マッチングの二つからマッチング方法が選べることも特徴として挙げられます。

FUND BOOK(ファンドブック)

FUND BOOKは、M&Aプラットフォームです。

従来のM&A仲介事業ではアドバイザー個人による限られた譲渡案件の中から商談を進めることが一般的でした。

そのため、紹介される案件数は担当者によって異なり、自社の希望条件と噛み合わない会社が紹介されることもありました。FUND BOOKは、プラットフォームにすることですべての譲渡案件を集約し、譲受を希望するすべての企業にとってフラットなM&Aを実現可能にしています。

M&A PARK

株式会社エムアンドエーパークが運営する登録料・着手金無料のM&Aのオンラインマッチングサービスです。

事業を継承したい売り手はマッチングを事務局に報告することで完全無料にて事業を継承することが可能になる。本サービスの特徴は二点挙げられます。

一点目は、世界30カ国以上の投資家が登録し、独自のネットワークにより、日本国内をはじめ米国、中国、台湾、マレーシアなど国外の買い手も多く保有していることです。また、二点目に、チャットで無料相談ができることがあります。電話や対面型にはない気軽さを提供しM&Aに関する理解をサポートしています。またその分検討までの時間を短縮することが可能になっています。

みんなのM&A

みんなのM&A(みんなのMA)とは、中小企業オーナーのM&Aを実現するM&Aマッチングサイトです。

特徴として、業界初のオークションが採用されていることが挙げられます。

安すぎる・高すぎるなど、正当な価格以外で、取引されることを回避できます。

企業評価は不確実な未来情報や買収後のシナジーなどを総合的に判断して行わなければならないため、適正な価格を決定するのが難しいという性質があります。

そのため、多数の買手がオークションによって価格を形成することで、売手にとって最高価格での譲渡が可能となっています。

M&Aプラス

デロイト トーマツグループが運営しているマッチングプラットフォームです。

特徴として、売手及び買手の両方から手数料を受領する仲介行為を禁止されていることが挙げられます。売手側と買手側にわかれてアドバイスをおこなうFAモデルが採用されています。

また、一から候補先を探すのではなく、他の会員が登録している顕在化した案件情報を活用してマッチングをするという特徴があります。豊富な情報量と安心の情報源により、スピーディーなM&Aマッチングを実現しています。

M&A市場 SMART(スマート)

公認会計士が主体となって構成されている仲介会社のストライクによって、1999年より開始した譲渡や買収情報をインターネット上に掲載しているサービスです。ストライクはM&A情報をインターネット上で公開した国内の先駆者といえるでしょう。このM&A市場には数多くのM&A情報が掲載されているので、利用者は気になる企業を手軽に探せます。実務関連の知識を身につけたり、時事情報が公開されていたりする点も、このM&A情報サイトの大きな特長と言えるでしょう。

MAfolova

MAfolovaは、2018年5月に開始した株式や事業の譲り受けを希望する企業と、譲渡を希望する企業やその代理人であるM&Aアドバイザーをつなぐ、M&Aのマッチングサービスです。

譲り受けを希望する企業は、利用登録後、希望する買収条件などを入力することで、譲渡を希望する企業やアドバイザーから連絡を受けることができます。全国各地の多様な案件を保有するFAが登録され ており、効率的なネットワーキング、情報収集が可能であることが特徴と言えます。