WOVN.ioとOKB大垣共立銀行が業務提携を発表

News

WEBサイト多言語化開発ツール「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」を運営するWovn Technologies株式会社は株式会社大垣共立銀行と「WOVN.io」の紹介業務についてビジネスマッチング契約を締結した。

大垣共立銀行の取引先企業に対し、WEBサイト多言語化開発ツール「WOVN.io」の紹介を通じて、インバウンド対応・海外への販路拡大等をサポートしていくようだ。

背景

東海地方には、飛騨高山や白川郷など多くの観光スポットがあり、温泉や豊かな自然も外国人旅行客に人気となっている。

インバウンド誘致を益々進めるべく、各方面で環境整備がすすむなか、多くの県内企業等を支援する大垣共立銀行としても、企業等の多言語化ニーズに対するサポート体制を強化する必要があった。今回の提携にて、外国人に東海地方の魅力をより伝えるべく、WEBサイト上における多言語での情報発信を推進していく方針だ。

概要

本提携では大垣共立銀行の取引先企業に対し、WEBサイト多言語化ツール「WOVN.io」の活用を促し、インバウンド対応・海外への販路拡大等を推進していく方針だ。

WOVN.ioとは

「WOVN.io」は、最短5分でWEBサイトを30ヶ国語に対応できるサービス。既存のWEBサイトに後付けする形で、多言語ページの公開が可能。従来発生していた数百万単位の開発コストや、数ヶ月にわたる開発期間が不要になる。

株式会社エイチ・アイ・エスや東京急行電鉄株式会社など大手企業を含む10,000以上の事業者に導入されている。誰でも無料で利用できる「WOVN.io」と、専任サポートが最適なプランを提案する完全オーダーメイドの「WOVN.io PRIME」を提供している。