ジャストシステム、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」の結果を発表

News

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年6月度)』の結果を発表した。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしている。

また、集計データとしてまとめた全75ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページから、無料でダウンロード提供されている。

調査結果の概要

5年間で、スマートフォンからのネット接続が1.8倍に。デスクトップPCは減少

プライベートでインターネットにアクセスする機器として、「スマートフォン」を挙げた人が最も多く(80.6%)、次いで「ノートPC」(54.4%)、「デスクトップPC」(29.8%)となった。

2013年6月度調査では、「ノートPC」が最も多く(62.7%)、次いで「スマートフォン」「デスクトップPC」(ともに、45.6%)であった。5年前と比べて「スマートフォン」からネット接続する人の割合は約1.8倍に増え、「デスクトップPC」は15.8ポイント、「ノートPC」は8.3ポイント減少した。

10代の約1割が、「自分専用のプリンタ」を所有

プライベートで「自分専用のプリンタを持っている」人の割合は33.2%であった。

10代は12.0%、20代は26.5%、30代は26.0%、40代は32.0%、50代は39.5%、60代は52.5%で、10代でも1割以上の人が自分専用のプリンタを所有していた。

60代の6割が「自分専用のデジタルカメラ」を所有。10代も3割近く

プライベートで「自分専用のデジタルカメラを持っている」人は42.0%であった。

10代は27.0%、20代は33.0%、30代は40.5%、40代は37.5%、50代は46.5%、60代は60.0%で、60代の所有割合が最も高いことがわかった。

スマートフォンユーザーの4割が、「今年は新機種に買い替えない」

スマートフォンユーザーに、新機種への買い替え予定を聞いたところ、「年内を予定」と答えた人は11.0%、「年内で検討中」の人は10.6%、「数年以内」と答えた人は30.6%であった。

一方、「少なくとも数年は買い替えない」と答えた人は15.9%、「特に新しい機種への買い替えをするつもりはない」人は24.3%、年内に買い替える計画や可能性がある人は21.6%、買い替えるつもりはない人は40.2%となった。