アラームボックス、第3者割当増資を実施し総額1億円の資金を調達。南都銀行と事業提携

M&A/提携

インターネット上の情報を活用したAI与信管理サービス「アラームボックス」を提供するアラームボックス株式会社は、株式会社ベンチャーラボインベストメントが運営し株式会社南都銀行と共同で設立したファンド、GMOペイメントゲートウェイ株式会社、西武しんきんキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、池田泉州キャピタル株式会社が運営するファンドを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額1億円の資金調達を行った。​

また同社は、南都銀行とビジネスマッチングに関する事業提携契約を締結した。これにより南都銀行とアラームボックスは、関西圏の地域企業への「アラームボックス」の提供で連携し、中小企業にとって難しい与信管理の課題解決を目指す。

事業提携の背景

取引先の与信管理は、特に財務体力がない中小企業にとっては経営存続に関わる重要な課題。

企業の取引相手が全国に広がる中で、取引を開始または継続するにあたり、地元だけでなく、より多くの情報を収集及び分析して、きちんとモニタリングすることが不可欠といえる。

しかし、与信管理は専門性が高く、経験豊富な担当者や多くの情報源が必要とされ、導入コストも高い点などから、中小企業で与信管理体制を構築するのは難しい現実がある。

そのため、地方の中小企業の与信管理における課題を解決するサービスとして、南都銀行の取引企業向けに「アラームボックス」を提供することになった。

事業提携の内容とアラームボックスの利用企業層

「アラームボックス」は、専門知識がなくても使うことができ、取引先1社につき月190円程度で導入できます。「アラームボックス」の利用企業のうち、過半数は東京以外の地域の企業であり、3分の2以上が年商10億円未満の中小企業です。

アラームボックスについて

「アラームボックス」は、スマートフォンやPCから取引先を登録しておくだけで、取引先のリスクや状況変化を自動で知らせてくれるサービスです。インターネット上の情報を活用した「高精度」な与信管理を、「カンタン」に、「低価格」で導入出来る。

それにより、取引先の情報収集に関わる業務負荷を大幅に削減し、信用状況の変化をいち早くキャッチして、リスクに迅速に対応出来る。

今後の展開について

アラームボックス株式会社は、各地の地域銀行をはじめとした金融機関等と積極的に事業提携を行い、中小企業の与信管理における課題解決や情報収集業務の削減に取り組む。