LINE Financial、金融関連サービスにおいて本格的な人材採用を開始

News

LINE Financial株式会社は、フィンテック時代の新しいインフラとなるモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」事業の拡大に続き、金融事業領域をさらに強化すべく、資産運用・証券取引、ローン、仮想通貨、保険、信用評価システム、PFMS(Personal Finance Management Service)といった様々な金融関連のサービスにおいて、本格的な人材採用を開始した。

これに伴って、金融事業関連人材に向けた採用ページ(https://linecorp.com/ja/financial)がオープンした。

LINE Financial株式会社では、2018年1月の設立(※1)から、LINEならではのイノベーティブな金融サービスの構築・提供をすべく、資産運用・証券取引、ローン、仮想通貨、保険、信用評価システム、PFMSといった、様々な金融関連のサービスを提供する準備が進められている。

LINEがこれまでに培ってきた日々のメッセージを扱う高いレベルのセキュリティに加え、ブロックチェーン技術などの研究開発を積極的に推進(※2)し、ユーザーにとって便利で、安全な金融サービスの提供を目指している。これにより、これまで金融関連サービスに興味や関心のなかった層にまで市場を広げ、人とお金・サービスの距離を近づけていく方針だ。

※1 LINE Financial株式会社 設立発表プレスリリース:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2023
※2「LINE Blockchain Lab」設立発表プレスリリース:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2132

革新的なフィンテック事業を実現すべく、これら事業における経営企画、事業戦略、マーケティング、エンジニア職などの総括的な採用を積極的に行い、中長期的には500名規模の採用を目指している。

LINE Financial株式会社では、将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、フィンテックの世界をリードする存在を目指し、事業展開の加速やサービス強化に向けた取り組みや体制づくりが積極的に行われる。