THECOO、第三者割当増資等による総額約3億円の資金調達実施を発表

資金調達

会員制ファンコミュニティアプリ「fanicon」の運営等のファンビジネスを手がけるTHECOO株式会社(以下THECOO)は、YJキャピタル株式会社、日本ベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、株式会社吉田正樹事務所、日本政策金融公庫を通じて第三者割当増資等による総額約3億円の資金調達を実施したことを発表した。

THECOOのこれまでの活動

THECOOは2014年1月に、オンラインマーケティングのコンサルティング事業会社として創業した。

2015年1月に、YouTuberと広告主企業のマッチングサービス「iCON CAST(アイコンキャスト)」を開始し、本格的にインフルエンサーマーケティング事業に進出。2015年11月には第三者割当増資により、第一回目となる資金調達を実施。

2016年8月にはインフルエンサープランニングツール「iCON Suite(アイコンスイート)」をローンチし、インフルエンサーに関するデータ事業を開始。2016年12月に「Studio Coup(スタジオクー)」、「HUITMORE(ユイモア)」というインフルエンサープロダクションを創業した。

2017年12月、これまでのインフルエンサービジネスで築いたアセットをベースとして、ファンコミュニティプラットフォーム「fanicon(ファニコン)」をローンチし、初のコンシューマー向けのサービスを開始した。急速な勢いで成長するfaniconをさらに発展させるため、本件の第三者割当増資に至った。

THECOOは各事業を通じて、ファン・インフルエンサー・広告主のそれぞれに価値あるサービスを提供し、ファンビジネスのエコシステムの構築を目指している。faniconはこのエコシステムを構成する中核として、THECOOのビジネス全体を牽引している。

fanicon(ファニコン)とは

fanicon(ファニコン)とは、タレントやユーチューバー・インスタグラマーなどのインフルエンサー(以下、アイコン)の活動を、コアなファン(※以下コアファン)と一緒に盛り上げていく会員制のファンコミュニティアプリである。コアファンのみが集まる限定的な空間だからこそコミュニケーションが活発化し、アイコンとコアファン両方にとって心地良い空間が作ることが出来る。コアファン同士の繋がりが強いからこそ、長期的にアイコンを支えていくことができる強いコミュニティを作ることが可能となっている。

faniconの利点

自分のファンコミュニティアプリが作成可能

コアファンしかいないコミュニティのため荒らしやアンチを気にすることなく安心して運営できる。iTunes、GooglePlayを通して課金設定ができ、金額と無料期間の設定も可能。

限定コミュニケーションでコアファンをもっと味方にできる

コミュニティ限定のライブ配信、グループチャット(グルチャ)、1対1のチャット(1:1トーク)を通して、コアファンと盛り上がることができる。

ポイント制のスクラッチ機能

ポイント制のスクラッチクジを企画することができる。例えば、3等はあなたの限定画像、2等はオリジナルボイス、1等はランチ会など、景品を設定してコアファンに楽しんでもらいながら今までにない価値が提供できる。