Formlabs、シリーズC としてTyche Partners 社から資⾦調達したことを発表

資金調達

強力で身近な3Dプリントシステムを開発、製造するFormlabsは4月24日、Tyche Partners社を主な引受先としたシリーズCの資金調達で$3,000万増額したことを発表した。

この最新投資ラウンドには、Shenzhen Capital Group社やUpNorth Investment Limited社、および既に投資を行っているDFJ社、Pitango社、Foundry Group社が参加している。シリーズCラウンドにより、総投資額は$8,500万に達した。

この調達資金は、製品ポートフォリオの拡大と、特に中国市場において世界中で増加する顧客需要に対応するためのFormlabs事業の拡張に活用される。世界進出を進め、中国、日本、ドイツおよび米国にオフィスを構えるFormlabsは、現在、世界中に400人以上の従業員を雇用している。

Formlabsの共同設立者 兼 CEO(Chief Executive Officer:最高経営責任者)であるMax Lobovskyは次のように述べている。

「私たちはプロフェッショナル向けの3Dプリントの限界を押し上げ続け、その結果、企業は著しい成長を遂げました。長年にわたって中国は製造能力において欧米諸国を追随する位置にいましたが、最近では多くの分野において欧米諸国に追い付き、追い越す存在となりました。中国の製造業者は、より大規模な大量製造に3Dプリントをどのように導入するかを考える上で不可欠になるでしょう。」

また、Tyche Partners社の設立パートナーであるWeijie Yun氏は次のように述べている。

「Formlabsは3Dプリント業界の変革をリードし、世界最大の市場シェアによりデスクトップSLA市場を席捲しています。Formlabsは製品ポートフォリオをSLAからSLSに拡大し、工業用3Dプリンタ市場に進出しています。私たちは、この企業に投資し、将来の成長に携われることを嬉しく思います。」

Formlabsは、前年比で著しい成長を遂げた。100のチャネルパートナーと代理店により、6つの大陸に出荷されているFormlabsプリンタは、世界で一番売れている光造形方式の3Dプリンタである。今回の発表は、マサチューセッツ州サマービルのFormlabs本社拡張に先駆けて行われたもので、間もなく、セールスおよびサービスチームのための新しい18,000平方フィートの施設が完成する予定だ。

Formlabsについて

Formlabsは、強力で身近な3Dプリントシステムを開発、製造している。本社をボストンに構え、ドイツ、日本、中国にオフィスを持つ、Formlabsは、MIT Media LabおよびCenter for Bits and Atomsのエンジニアとデザイナーによって2011年に設立された。

Formlabsは、世界中のエンジニア、デザイナーおよびメーカーのためのプロフェッショナル向け3Dプリントの業界ベンチマークを打ち立て、教育、歯科、医療、宝飾、研究などのさまざまな業界において革新を加速している。Formlabs製品には、SLA方式3DプリンタのForm 2、SLS方式3DプリンタのFuse 1、自動化された3Dプリントによる製造ソリューションのForm Cellソリューション、および3DデザインのPinshapeマーケットプレイスがある。Formlabsは、クラス最高の3Dプリントソフトウェアに加え、3Dプリント用にさまざまな高性能の素材も独自に開発している。