フライヤー、書籍要約サービス「flier」における要約の音声版をリリース

リリース

株式会社フライヤーが、書籍要約サービス『flier(フライヤー)』の会員の利便性を高め、さらに新たな読書機会を創出するため、要約の音声版を4月18日にリリースした。

AIによる自動読み上げ機能を活用し、要約記事を音声化することで、車移動が多い方、活字が苦手な方、目の不自由な方などへの新たな読書機会の提供を目指している。

今後はアプリでの提供、「Google Home」「Amazon Echo」のようなスマートスピーカーの追加機能としての提供も検討しているようだ。

書籍要約サービス『flier(フライヤー)』とは

1冊10分で読める書籍要約コンテンツを配信、読書体験を豊かにするディスカバリーサービス。話題の書籍や名著のなかから「ビジネスパーソンがいま読むべき本」を選び、経営コンサルタントや各分野の専門家が編集した高品質の要約を配信している。会員数は現在18万人を超えている。

  • フライヤーのウェブ版で利用可能。
  • 音声は1.2倍、1.5倍、2.0倍の倍速対応。
  • BGMを付けて聴くことができ、ラジオ感覚で楽しめる。
  • 1コンテンツ15分程度で聴くことができ、スキマ時間で楽しめる。