NBAとPerformが、デジタルメディア分野で複数年の業務提携契約を締結

M&A/提携

ニューヨーク、2018年4月26日 ― 米国のナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)と世界をリードするデジタルスポーツコンテンツおよびメディアグループのPerform Media(パフォーム・メディア)は、複数年にわたる業務提携契約を締結したことを発表した。

これによりPerformは、アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、インド、日本、メキシコおよびスペインを含む15カ国以上のマーケットで、スポーツリーグの公式サイトの運営を始める。

今回の提携を通じて、Performは、世界の一部マーケットでグローバルな編集チームおよびコマーシャルチームを稼働させ、月間合計ユニークビジター数が1,500万人に達する、NBA公式サイトの運営を開始。

Performは、ローカルな話題やブランドに関するコンテンツを提供し、これらのプラットフォームを通じて国際的な視聴者数を増やし、PerformのOTTプラットフォームであるDAZN(ダゾーン)で、NBAリーグパス(リーグの試合のライブ配信サービス)の販売促進に注力していくようだ。

Perform MediaのCEO、ファン・デルガド(Juan Delgado)

「NBAのようなメジャーな権利所有者と緊密に協業できることを大変喜ばしく思います。当社の目標は、デジタルの力とPerform独自の国際的ネットワーク、およびノウハウにより、多様な国々のマーケットでNBAを成功に導くことです。デジタル世界の改革に挑み続ける当社は、NBAのようなプレミアム権利所有者が世界中で、スポーツへの興味と参加を推進することを、当社ならではの体制で支援していけるものと確信しています」

 

NBAのグローバルメディア配信およびビジネスオペレーション担当シニアバイスプレジデント、マット・ブラバンツ(Matt Brabants)

「PerformはNBAの信頼できるパートナーであり、このパートナーシップを世界中のさらなるマーケットのデジタルプロパティ運営にまで拡大することができ、非常に嬉しく思います。Performが持つグローバルな視聴者拡大のノウハウを活用し、世界中の熱烈なファンにローカライズされたエキサイティングなコンテンツをお届けできることを楽しみにしています」

Performは現在、世界で月間1億7,000万人以上のファンにリーチするD2Cプロパティを10件保有および運営しており、その中には、月間利用者数が1億人近くに達するPerform最大のプロパティであり世界最大のサッカープラットフォームでもあるGoal.comが含まれる。

またその他にも、NFL、FIBA、WTAおよびCONMEBOLとの間で長期にわたる戦略的パートナーシップを結んでいる。

現在、NBAは世界中で20のローカライズしたウェブサイトを展開している。NBA.comの訪問者の40パーセント以上は北米以外からアクセスしている。

日本では2013-14シーズンからPerformがNBA公式サイトのローカル版の運営を開始しており、現在は公式サイト、公式ツイッター、公式Facebook、公式LINEの運営を行なっている。年間2000本以上の記事、4500本以上の動画を配信し、NBA全試合の試合結果(ボックススコア)等をリアルタイムに配信している。2016-17シーズンには合計700万ユーザー、1億ページビューを記録(2013-14シーズン以降としては史上最高)。2018年3月末時点でツイッター/Facebook/LINEの合計で52万フォロワーがいる。