リーウェイズ、「第三者割当増資による資金調達」を実施

資金調達

AIを活用した不動産投資プラットフォーム「Gate.」の開発・運営を行うリーウェイズ株式会社は、2018年5月1日、株式会社SXキャピタルが運営するファンドを引受先とする120,080,000円の第三者割当増資による資金調達を行った。

不動産の資産価値を高めるための事業内容強化へ向けて

「不動産の可能性を形にする」をミッションとするリーウェイズ株式会社では、「Gate.」の強みである将来収益の査定能力を活かした法人向けサービス「Gate. BusinessPlan」を不動産事業者や金融業界へと展開を拡げ、個人投資家にも同様のサービスを提供してきた。

今回の資金調達により、開発体制を強化し、不動産事業者、金融機関、個人投資家の方々へのサービスを一層推進していくようだ。

「Gate.」について

Gate.は独自に開発したAIによる収益分析のもと、より安全な投資不動産取引を行えるサービスである。

リーウェイズでは過去9年間にわたって独自に収集してきた5,000万件を超える世界中の物件データをもとに、収益不動産の将来にわたる賃料下落や空室率などの高精度な予測を可能とする人工知能『Opus(オーパス)』を開発した。

その技術はGate.の投資分析シミュレーションに使用され、市場に存在する膨大な物件の中から瞬時に投資価値の高い物件を絞りこむことができる。