セブン‐イレブンとセブン銀行ATMで 口座不要の「現金受取サービス」がスタート

リリース

株式会社セブン銀行と株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(以下:セブン‐イレブン)、セブン銀行子会社である株式会社セブン・ペイメントサービス(以下:セブン・ペイメントサービス)が、銀行口座を介さずに企業から個人に宛てた送金をセブン銀行のATMとセブン‐イレブンのレジで受取ることができる「現金受取サービス」を、2018年5月7日(月)に開始した。

新サービスの特徴

  • 銀行口座を介さずに企業から個人宛ての送金が受取可能
  • 全国2万4千台を超えるセブン銀行ATMと2万店を超えるセブン‐イレブンのレジで受取可能
  • 原則24時間365日いつでもどこでも受取可能

働き方の多様化やシェアリングエコノミーの普及、ネット通販の広がりに伴う返品返金など、企業から個人への送金機会が増えているなか、より簡単に現金を送金したい、いつでも受取りたいというニーズの増加を受け、取扱いを開始した。

個人の顧客は、電子メールなどで企業から送付される番号をセブン銀行ATMに入力するだけで、いつでも現金を受取ることが可能となる。紙幣はATMで、硬貨はセブン‐イレブンのレジでそれぞれ受取ることができる。また、硬貨の受取方法は、顧客の持つ電子マネー「nanaco」へのチャージや、「セブン‐イレブン記念財団」への募金を選択することも可能。

銀行口座を介さないため、企業による顧客情報の収集・管理が不要になるなど、企業と顧客双方の利便性が格段に高まる。