DLEグループ、分散型エンタテインメント・エコシステムを開発するBlockPunk Pte.と資本業務提携

M&A/提携

株式会社ディー・エル・イー(以下「DLE」)は、ブロックチェーン技術による分散型エンタテインメント・エコシステムを開発中のBlockPunk Pte.(以下「ブロックパンク」)と業務提携するとともに、ベンチャーキャピタル事業を展開する子会社、株式会社DLEキャピタル(以下「DLEキャピタル」)が、ブロックパンクに出資することで、映像製作スタジオ・クリエイター等(以下「クリエイター等」)に向けた、ブロックパンク独自のブロックチェーンソリューションを利用した分散型エンタテインメントプロジェクトを共同で展開することを発表した。

資本業務提携の概要

  • ブロックチェーン技術を活用した新規のオリジナルキャラクターデザインとアニメ作品の共同開発プロデュースを行う。 ブロックパンクは、著名なクリエイター等が作成したオリジナルのキャラクターデザインやアートを、同社が運営する「Crypto Anime」上で、「Crypto art」として販売する。販売した作品のうち、人気の高い作品等については、独自トークンの発行による制作資金を調達した上で、新規のアニメシリーズや映画等を製作し、ファンとダイレクトにつながることができるPeer to Peer(以下「P2P」)ブロックチェーン上で配信するといった分散型エコシステムを前提とした、オリジナルコンテンツの制作を計画している。
  • 既存の人気アニメ作品なども「Crypto art」として販売。人気の高い作品等については、オリジナルコンテンツへと発展させていく。
  • ブロックパンクのエグゼクティブ・アドバイザーに、DLEの代表取締役で、米国プロデューサー組合会員である椎木隆太が就任。

分散型エンタテインメント・エコシステムの概要

ブロックパンクは、クリエイター等のために、デジタル商品の売買、ストリーミング配信や制作資金の調達を促進する分散型P2Pブロックチェーンプラットフォームを開発している。既に公表している「CryptoAnime」においては、ブロックチェーン技術により「Crypto anime (デジタルのアニメアート作品)」の販売を開始し、新たな売買市場を立ち上げる見込みだ。

特徴

  • 分散型エコシステムにより、中央型組織の障害なく新しい成功報酬の仕組みをもたらす。
  • 自律分散型組織を作り、クリエイター等とファンの間を直接的に結びつけ、今までにないより強固な関係を築ける。両者が、作品の販売及び再販を通して収益を上げることができる。
  • ブロックチェーン技術によるスマート・コントラクトを用いることで、すべての取引内容、著作権管理及び所有権の移転が記録され、仮想通貨を使用した決済で即座に支払いを行うことができる。

資本業務提携に対するコメント

DLE 代表取締役 椎木隆太 氏

「ブロックチェーン技術は、エンタテインメント業界において、新しい市場やビジネスモデルを構築する可能性があると確信しています。アニメ、エンタテインメント、ブロックチェーン技術や経験の融合により、クリエイターやブランドにとって最高のソリューションを提供することができ、これを実現するために、ブロックパンクは最適なパートナーになると考えています」

ブロックパンク CEO Julian Lai-Hung

「私達には、分散型技術のメリットを、世界中の映像製作クリエイターやアニメ業界にもたらすというミッションがあります。DLEのビジョン、起業家精神、クリエイターのコミュニティにおける高い地位や実績は、我々の試みを加速させる上で最高のパートナーになると考えています」