Rettyとヤフー、グルメ情報サービス領域における戦略的パートナーシップ構築について発表

M&A/提携

Retty株式会社(以下、Retty)、ヤフー株式会社(以下、ヤフー)とその100%子会社であるYJキャピタル株式会社(以下、YJキャピタル)は、RettyへのYJキャピタルによる資本参加、およびRettyとヤフーのグルメ情報サービス領域における戦略的パートナーシップ構築について発表した。

YJキャピタルによる資本参加の目的

YJキャピタルは、成長ステージを問わずスタートアップのインターネット企業を中心に幅広く投資を行っているコーポレートベンチャーキャピタルである。この資本参加は、出資による将来的な収益だけでなく、グルメサービスとして急成長する「Retty」とヤフーグループのシナジーを創出していくことを目的としている。

戦略的パートナーシップ構築の背景と内容

「Retty」は2011年6月のサービス開始以来、グルメに強いこだわりを持つ人を中心に、「オススメ」したい店の情報を実名ベースで投稿する形で運営されている。信頼できる人からの店探しを実現し、「自分にベストなお店が見つかる」グルメサービスとして成長することで、2017年5月に月間利用者数が3,000万人を突破した。

この資本参加により、中長期に渡って「Retty」とヤフーグループのシナジー創出を実現していくため、Rettyとヤフーはグルメ情報サービス領域における戦略的パートナーシップを構築することに合意した。具体的な取り組みとして、ユーザーのニーズに合った飲食店との出会いをより一層増やし、飲食店への送客効果をさらに強化するため、両社で飲食店向けのオンライン予約・集客サービスの開発を検討している。Retty、ヤフー、YJキャピタルは、グルメ領域におけるユーザー体験のさらなる向上と飲食店の長期的な繁栄に寄与していく方針だ。