CAMPFIRE、さとふると業務提携契約を締結

M&A/提携

クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を運営する株式会社CAMPFIRE(以下、CAMPFIRE)は、ソフトバンクグループの株式会社さとふる(以下、さとふる)と2018年5月16日に業務提携契約を締結した。本提携により、全国の自治体の「クラウドファンディング型ふるさと納税」の実施促進及びプロジェクトのサポートを実施していく方針だ。

CAMPFIREとさとふるの提携について

CAMPFIREは、国内No.1の支援額、掲載数、成功数を有するクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を2011年より運営しており、「すべての資金ニーズに応え、誰しもが声をあげられる社会をつくる」ため、社会貢献・ファッション・地域活性の各種特化型クラウドファンディングサービスや、フレンドファンディングアプリ「polca(ポルカ)」を提供している。

さとふるは、認知度および利用意向No.1のふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営しており、2018年4月末時点で計357自治体のふるさと納税(自治体への寄付)を取り扱っている。

「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まる ふるさと応援、ふるさと納税ポータルサイト」をコンセプトに、「さとふる」で寄付先の自治体やお礼品の選定、寄付の申し込み、寄付金の支払いなどができるサービスの提供及び自治体業務の代行を行っている。

本提携では、資金調達及びマーケティングやPR効果を持つクラウドファンディングについてCAMPFIREの有するノウハウと、さとふるの持つ地域に根ざしたネットワークやふるさと納税の運営に関する知見を生かし、地域活性化を目指す。今後は、利用者にとってわかりやすく、支援しやすい「クラウドファンディング型ふるさと納税」の継続的な提供を計画しているようだ。本提携に際し、銚子市(千葉県)・妙高市(新潟県)の2自治体でのクラウドファンディング型ふるさと納税の募集を、2018年5月16日より開始した。

銚子市・妙高市の「クラウドファンディング型ふるさと納税」プロジェクト

銚子市

  • プロジェクト名:銚子市を元気にするために、銚電を続けていきたい
  • URL:https://www.satofull.jp/static/projects/city-choshi-chiba/01.php
  • 目標金額:10,000,000円
  • 期間:2018年5月16日(水)〜2018年8月31日(金)
  • プロジェクト内容:“全長6.4キロメートルの小さな鉄道会社” こと「銚子電気鉄道株式会社」は、1923年(大正12年)の開業より「銚電(ちょうでん)」の愛称で、市民や全国の鉄道ファンから愛されているが、年々利用者が減っており、廃線の危機に瀕している。
    観光はもちろん市民の生活の足としても欠かせない、完全民営の「銚電」を存続させるため、全国から運営資金を募り、支援者には、銚電オリジナル「マフラータオル」や、1日乗車券(孤廻手形)が贈られる。

妙高市

  • プロジェクト名:日本最北限「火打山のライチョウ」を、絶滅から救いたい!
  • URL:https://www.satofull.jp/static/projects/city-myoko-niigata/01.php
  • 目標金額:1,300,000円
  • 期間:2018年5月16日(水)〜2018年7月2日(月)
  • プロジェクト内容:妙高戸隠連山国立公園の火打山山頂周辺に生息する、国の天然記念物・ニホンライチョウを保護し絶滅から救うプロジェクト。国内で最小の個体群とされる火打山のライチョウの生息数はわずか20羽程度と言われており、詳しい生態を調査し継続的に保護するための費用130万円を募っている。
    妙高市は、2018年10月に「ライチョウサミット」の開催を予定しており、クラウドファンディングを通じライチョウへの関心を高めることも目的としている。