リクルートキャリア、「HELPMAN JAPAN」にて介護未経験者向け転職支援サービス開始

News

株式会社リクルートキャリアが運営する『HELPMAN JAPAN』は、5月16日に介護未経験者向け転職情報サイトを開設した。介護サービス業で働く魅力を発信し、興味をもった方には専任アドバイザーが介護未経験者の研修体制などが整った職場を紹介している。

人材不足の解消に、まずは離職を減らす

介護業界は深刻な人材不足に悩まされている。

厚生労働省は、2025年には約38万人の需給ギャップが生じると予測している。この問題を解決するためにHELPMAN JAPANは、介護職員の離職防止の支援に取り組んできた。どれだけ採用数を増やしても、離職数が減らなければ人材不足は解消されないためである。

2010年のサービス開始以来、介護職員の階層別研修を通じて、職員が働きやすい職場作りを支援してきた。これまで242社・502人の介護職員が利用し、定着率は97%を誇る(2015年度実績)。

離職防止にノウハウ、採用支援強化

人材が定着する職場作りのノウハウを活かして、HELPMAN JAPANは介護人材の採用支援を強化する。

就業者のすそ野を広げることを目的に、介護未経験者を対象とした転職支援サービスを提供する。これまでの研修事業での実績や、介護サービスに従事する1,000人を対象とした仕事満足度調査の結果をもとに、介護初心者が定着・活躍するために重要な「3つのポイント」に積極的に取り組む職場が紹介されている。

3つのポイント

  • 介護技術の研修に加えて、キャリアを支援する研修がある
  • 職場の一体感を高める取り組みがある
  • 技術を活用して、業務効率化に取り組んでいる

転職の選択肢のひとつとして、介護で働く魅力を発信

サイトでは実際に介護の現場で働いている方々を取材し、仕事風景を紹介している。また、介護サービスの働き方に関する誤解やあまり知られていない事実をデータで伝えることで、介護業界の将来性や働く魅力を発信する。サイトは、転職サービス「リクルートエージェント」「リクナビNEXT」のメルマガ等でも紹介。希望者には専任アドバイザーが面談し、職場見学の調整や求人票の紹介が可能である。