FRONTEOヘルスケア、ヘルスケア・インダストリー特化した人工知能「Concept Encoder」の提供開始

リリース

株式会社FRONTEOの子会社で、人工知能を活用した医療・介護等の情報解析ソリューションを提供する株式会社FRONTEOヘルスケアは、ヘルスケア・インダストリー向けの新しい人工知能Concept Encoder(コンセプトエンコーダー)の本格提供を開始した。

FRONTEOヘルスケアは、2015年4月の設立以降、転倒転落予測をはじめとした「ヘルスケア業務支援」、精神疾患客観評価や疼痛診療などの「診断支援」、薬剤監視や研究開発などの「製薬業界支援」を事業の柱として、ヘルスケア・インダストリーに特化した情報解析ソリューションを提供している。

Concept Encoderは、FRONTEOヘルスケアが新たに開発した人工知能(AI)である。自由記述のテキストデータを大量に含むヘルスケア関連のビッグデータを、エビデンス(根拠)に基づいて有効に解析・活用することを目標に開発した。ヘルスケア従事者の共通認識である「エビデンスに基づいた医療(EBM)」に欠かせない有意差検定などの統計学的手法を自然言語解析に導入、実現している。

Concept Encoderはテキスト以外のデータとの共解析も可能であり、ヘルスケア領域に蓄積されてきた遺伝子発現情報・バイタルや各種検査値などの「数値データ」との共解析の研究を進めている。

Concept Encoderを核とし、コア技術と課題別のオプション技術を組み合わせることで、個別のソリューションに最適化したアプリケーション開発を推進していく方針だ。Concept Encoderや転倒転落予測システム関連の特許出願をはじめ、個別の特許出願や論文投稿等の知財関連ライフサイクルの管理も並行して進めている。

FRONTEOヘルスケアは、人工知能Concept Encoderであらゆるデータを客観的に評価し、解析過程を明示し、安心して使用を継続するサービスを実現することにより、引き続きヘルスケア・インダストリーの発展を目指している。