チューリッヒ生命、2018年ビジネスパーソンが抱えるストレスに関する調査を実施

News

現代の日本はストレス社会と言われており、最近では「パワハラ」、「ブラック企業」、「働き方改革」といった言葉を日常でもよく耳にするようになった。

チューリッヒ生命は、全国1000人のビジネスパーソンを対象に、ストレスについての調査を実施した。

調査では現在ビジネスパーソンが抱えているストレスの有無のほか、ストレスの原因や発散方法、五月病に関するアンケートも実施。五月病の時期だからこそ、より一層ビジネスパーソンが日々抱えているストレスに対して向き合い、対策をする必要性を感じる結果となった。

調査結果サマリー

ストレス世代が若年化傾向に

ビジネスパーソンの7割以上がストレスを感じており、その原因は「人間関係」が上位に。さらに、年代別で見ると、昨年最も「ストレスを感じている」と答えた方が多い年代は、男性は50代(80.0%)、女性は40代(80.8%)だったのに対し、今年は男性が40代(77.6%)、女性は20代(80.8%)と、男女ともに若年化している傾向があった。

給料が高く、仕事にやりがいがあればストレス軽減か

どのような職場であれば、毎日楽しみをもって出社できるかを調査したところ、1位「給料が高い」、次いで「仕事にやりがいがある」、「会社の居心地が良い」という結果となった。福利厚生の充実などの働き方改革に関する事柄が若い世代を中心に重視されている傾向にあるようだ。会社の福利厚生を充実させることや給料の増額は自分ですぐに行うことは難しいですが、やりがいを見つけることで、毎日楽しみをもって出社できストレスも軽減されるのではないだろうかと見ている。

五月病への対処法は?

これまで、五月病になったことがあるか調査したところ、男性は21.6%、女性25.0%が五月病になったことがあると回答している。中でも、20代女性は39.2%と、約4割が五月病になったことがあることがわかった。五月病への対処法は、カラオケや美味しい物を食べるなどのほか、自分が五月病だということを受け入れ、自分を責めないようにしている人もいた。

調査概要

  • 調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  • 調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20歳~59歳の有職者を対象に実施
  • 有効回答数:1000人(20代・30代・40代・50代、男女:各125人)
  • 調査実施日:2018年4月20日(金)~2018年4月23日(月)