カオナビ、クラウド人材プラットフォーム「カオナビ」有償導入企業数1,000社を突破

News

働き方改革をリードする株式会社カオナビは、クラウド人材プラットフォーム『カオナビ』が、2018年5月18日(金)に有償導入企業数が1,000社を突破したことを発表した。

『カオナビ』は、顔写真が並ぶシンプルな画面から一元化された人材情報をクラウド上で簡単に共有できるプラットフォーム。

あらゆる人材マネジメントの課題を解決し、企業の働き方改革を実現するHRテクノロジーサービスとして、2012年のローンチ以降、幅広い業種・業態の企業に導入され、導入社数は毎年約2倍ずつ増加している。

さらに、近年においては働き方改革の推進を背景に、生産性向上のための人材マネジメントの重要性がますます高まりを見せたことから、成長スピードが加速。

株式会社ミック経済研究所が2018年1月に発表した『HRTechクラウド市場の実態と展望2017年度版』の「人事・配置クラウド」分野では、2017年度の出荷社数シェア第1位を獲得し、市場を牽引するサービスとして示されている。

なお、カオナビでは、『カオナビ』に関わるすべての企業の事業発展を後押しすることを目的に、本年4月に共創・交流の場となる「カオナビのWA」を発足した。今後はこれらの活動を通じて、顧客とともにサービスを発展させ、企業の人材マネジメントの課題解決や働き方改革の推進に努めるとともに、本市場のリーディングカンパニーとして市場の発展をめざしている。

クラウド人材プラットフォーム『カオナビ』が選ばれる理由

『カオナビ』は、顔写真が並ぶシンプルな画面から一元化された人材情報をクラウド上で簡単に共有できるプラットフォーム。

社員の顔や名前、経験、評価、スキル、才能などの人材情報を一元管理して可視化することで、最適な人材配置や抜擢といった人材マネジメント業務をサポート。あらゆる人材マネジメントの課題を解決し、企業の働き方改革を実現するHRテクノロジーサービスとして、業種・業態を問わず1,000社以上の経営者や現場のマネジメント層に選ばれている。