日経BP社、USJをV字回復に導いた森岡 毅氏の最新刊『マーケティングとは「組織革命」である。』を発行

Input

日経BP社は、2018年5月28日(月)に『マーケティングとは「組織革命」である。』(森岡 毅 著)を発行した。本書では、2017年にマーケティング精鋭集団の「株式会社 刀」を立ち上げた森岡氏が、実戦で培ってきたビジネスで成功するために最も重要な「ヒトと組織」の本質と一人のサラリーマンでも「組織」を動かす起点になるための秘訣を初めて明かす。

本書の概要

  • 森岡 毅 著
  • 定価:本体1,600円+税
  • ISBN:978-4-8222-5795-8
  • 体裁:四六判・352ページ
  • 発行:日経BP社
  • 発売:日経BPマーケティング
  • 2018年5月28日発行

本書の要点

「ビジネスは策を立てるより、実行する方が100倍難しい」。

優秀なマーケターが良策を立てても、経営トップに決断させられない、あるいは採用されても組織が動かないなら結果は出せない。

  • 会社が“実行できる組織”に生まれ変わり、人を動かすには?
  • 社員が組織のために正しい行動を取る“確率”を高めるには?

世の中にあふれる教科書的な組織論とは一線を画し、ビジネスパーソンであれば誰もがしっかりと認識しておくべき、実戦で役立つ組織論。会社全体の組織を活性化させる方法、チームの生産性を高める方法も徹底解説している。

また、社長でも、株主でもなく、年輩の役員が居並ぶUSJで、若手CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)だった森岡氏が、なぜ会社組織の大改革まで成し得たのか――。

組織の「下」の立場から自分の提案を通し、キャリアで成功を収めるための森岡式「社内マーケティング術」を初公開。社内提案で勝ち筋を見つける「ターゲット・アナリシス」の技術など、仕事に活かせるフレームワークも収録している。

なぜ日本企業はマーケティングを活かせないのか?

あなたの提案は、なぜ通らないのか?

全てのビジネスパーソン、企業に必要な成功を引き寄せる新たな「組織論」である。

著者プロフィール

  • 森岡 毅 Tsuyoshi Morioka
  • 株式会社 刀 代表取締役CEO
  • 1972年生まれ。神戸大学経営学部卒業後、96年P&G入社。ブランドマネージャーとして日本ヴィダルサスーンの黄金期を築いた後、2004年にP&G世界本社(米国シンシナティ)へ転籍、北米パンテーンのブランドマネージャー、ヘアケアカテゴリー アソシエイトマーケティングディレクター、ウエラジャパン副代表を経て、2010年にUSJ入社。12年、同社CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)、執行役員、マーケティング本部長。USJ再建の使命完了後、17年、マーケティング精鋭集団「株式会社 刀」を設立し、マーケティングによる日本の活性化に邁進中。