Amazon、東京のオフィスを拡張、コーポレート職および技術職で新たに1,000人を追加採用

Job

Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、5月22日、東京のオフィスを拡張するとともに、東京勤務のコーポレート職および技術職(コンピューター・サイエンス、機械学習、クラウド・コンピューティング、財務、マーケティングなど)で1,000人を新規採用すると発表した。

Amazonは現在、コーポレート職および技術職を合わせ全国で正社員6,000人の体制を整え、リテールビジネスとAmazon Web Services(AWS)を中心に新しい製品やサービスの提供やサポートを行っている。Amazon社員は、モバイル・ショッピングや配送、決済に加え、Alexaなどで、顧客の利用体験の向上に努めている。今回発表された新オフィスはJR目黒駅前の目黒セントラルスクエアに開設され、フロア面積は約2万平方メートルで、今夏後半の開設を予定している。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジャスパー・チャン

「今回、東京のオフィスの拡張と、コーポレート職および技術職1,000人の新規採用を発表できることを非常に嬉しく思います。日本はAmazonにとって世界でも戦略的に重要な国の一つであり、これまでの18年間同様、これからも引き続きお客様の声に耳を傾けサービスの向上に尽くしてまいります。日本は、ホワイトカラーの生産性向上や働き方改革、ダイバーシティーの推進に取り組んでいます。Amazonも、あらゆる社員にとってより働きやすい職場環境の構築に励むとともに、創造力と生産性の向上を支援します。」

新しいオフィスは、社員がより高い創造性と生産性を発揮できるよう、その日の業務内容に合わせて自由に働く場所を選択できるAgile-Based-Working(ABW: アジャイル・ベースド・ワーキング)を導入している。

また、リラックスできる座席スタイルで同僚とのコラボレーションを進められるカジュアルなワーキングエリアや、業務への集中や機密性の高い業務向けのプライベートブースも設けられている。また、終日利用可能なカフェテリアや、母親社員向けの搾乳室、礼拝室、クワイエットルーム、オールジェンダー向けのトイレやシャワールームなどを備え、ダイバーシティーを大切にした働き方も推進する予定だ。

日本への投資

Amazonは2000年の日本でのサービス提供開始以来、北海道から沖縄まで、日本全国の顧客のために日本への投資を積極的に行っている。

現在、社員数は、16ヵ所のフルフィルメントセンター(配送センター)、6ヵ所のPrime Now専用フルフィルメントセンター、そして札幌、仙台、東京、大阪、福岡のコーポレートオフィスを合わせ全体で6,000人を超えている。

また、今年3月には、世界で4番目、規模は世界最大となるAmazon Fashion専用の撮影スタジオを東京に開設した。現在入居している目黒雅叙園アルコタワーならびにアルコタワー・アネックスのオフィスも引き続き、稼働させ、日本での事業拡大と顧客へのサービス提供能力の強化に努めている。

世界で56万人以上の社員を擁するAmazonはFortune2018「世界で最も称賛される企業」で2位にランクされている。Amazonは、社員に、水準以上の給与、健康管理、産休・育休、フレックスタイム、ストック・オプション等を提供している。

Amazonについて

Amazonは4つの理念を指針としている。競合他社ではなく顧客を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想である。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスである。