MAMORIO、シール型忘れ物防止デバイス「MAMORIO FUDA(フューダ)」を発表

リリース

紛失防止関連事業を手がけるMAMORIO株式会社(以下MAMORIO社)は、新製品となるシール型置き忘れ防止IoTデバイス【MAMORIO FUDA (読み:フューダ)】を6月1日より販売開始する。

MAMORIO FUDAは、紛失物防止タグとして注目されるMAMORIOシリーズに共通するシンプルで使いやすいデザインやコンセプトをベースに、新しく開発されたシール型置き忘れ防止IoTデバイス。

FUDAのコンセプトとユースケース

従来のMAMORIOシリーズは世界最小クラスの小ささを武器に、財布や鍵などの大切なモノに「付けやすい」「入れやすい」ことから多くの顧客に利用されている。一方で、タグ型であることから、PCをはじめとした電子機器や手帳などの文房具にもつけたいという要望も受けていた。

そこで、新製品のMAMORIO FUDAは新たに「貼る」というユースケースを顧客に提案することで、これまでのタグ型端末では対応出来なかった物品にもMAMORIOの機能が利用できるようになる。

ポケットやキーリングなどがなく従来のMAMORIOが付けられなかったノートPCやスマートフォン、ポータブルゲーム機などの高価な電子機器に貼ることができるようになった。手元から離れた際に専用のアプリから通知を受け取ることで置き忘れを防ぐことができる。

高価ではないものの、いつも持ち歩く大切な手帳やノート、仕事で必ず使う文房具、趣味の道具などに貼ることで、大切な情報や思い出の置き忘れと、なくしたときの不便さを防ぐことができる。MAMORIOの小ささだからこそ、ありとあらゆるモノに貼ることができ、置き忘れ防止を実現できる。

触り心地の良いぷっくりとしたボディとシャープな印象が貼るモノを選ばず利用できる製品となっている。また、表面に情報を記載できる無地バージョンも発売予定だ。

MAMORIOは、Bluetooth Low Energyを活用した非常に小さなタグを「大切なモノ」に付けるだけで、スマートフォンと連係して紛失を防ぐ製品である。

万が一の置き忘れ時には、スマートフォンに置き忘れた場所と時間を通知される。MAMORIOを「いつ、どこで」落としたのかがわかることから捜索範囲を大きく減らすことができる。

また、「クラウドトラッキング機能(特許取得済)」を利用することで、全国のMAMORIOユーザーと協力して自分のものを探すことが出来、発見確率を向上している。

併せて、公共交通機関や商業施設等にMAMORIO Spotを設置することで、忘れ物が忘れ物センターなどに届けられた際に自動的に通知するサービスの展開や、プロの手による捜索支援サービスや紛失時の保証が受けられる「あんしんプラン(有償オプション)」の提供など、様々なシーンでの紛失の不安を減らし、「なくすを、なくす。」の実現をめざしている。