ブルームバーグ、人工知能を搭載した市場予測アプリをリリース

News

ブルームバーグは、金融業界のプロフェッショナル向けに人工知能(AI)を搭載した新しい金融市場価格予測アプリの提供を開始したことを発表した。

新アプリ「アルパカフォーキャストAIプレディクションマトリックス」は、ブルームバーグのマーケットデータフィード(B-PIPE)を活用し、USD/JPY、EUR/USD、AUD/JPY、CME日経平均先物、米国10年国債といった主要市場における短期的な市場価格を予測する。

金融トレーディング向けAIソリューションの開発に強みを持つスタートアップ企業アルパカジャパンと共同開発した新アプリは、最先端の深層学習(ディープラーニング)エンジンが人間の目視能力を超えるスピードとボリュームを駆使し、ティックデータ(市場価格に関する時系列データ)を分析する。アルパカジャパンのAI技術は、絶え間なく押し寄せる価格情報の中に存在する一定の規則や意味を持つパターンを即座に認識し、市場予測を達成する。

ブルームバーグ在日代表 石橋邦裕

「待望の新アプリは、金融市場のイノベーションを後押しするという当社のミッションを具体化したものです。ブルームバーグが持つリアルタイムの市場データとアルパカジャパンの専門的な技術を融合することで、金融業界のプロフェッショナルの投資決定をサポートし、日々のトレーディング業務の効率化が図れる、最先端の予測ツールが完成しました。」

アルパカジャパンの共同創業者兼代表取締役CEO 四元盛文

「アルパカジャパンは、AIによる金融ソリューションを提供する世界のプロバイダーの中でも特に急成長しているフィンテックカンパニーです。今回の共同開発は、当社が次の段階に飛躍する大きな節目になると考えています。この最先端の新アプリをご活用頂くことで、世界の金融業界のプロフェッショナルの皆様が、AIによる市場予測をいろいろなユースケースの実現に日常業務に取り入れて頂けることを望んでいます。」

アルパカフォーキャストAIプレディクションマトリックスは、ブルームバーグアップポータルからダウンロードできる。

ブルームバーグアップポータルでは、ブルームバーグターミナルの契約者に対して複数の資産クラスを対象とした幅広い専用アプリを提供している。ソフトウェア企業、金融機関、学術機関などさまざまな第三者機関が開発したアプリを通じ、ブルームバーグが持つ豊富なデータやニュースにアクセスすることができる。

アナリストやポートフォリオマネジャーにおいては、データの分析や可視化、ニュースや研究・リサーチの結果、ポートフォリオ管理、リスク分析、テクニカル分析から、プライシングやバリュエーションに至る、さまざまなアプリが活用可能である。

機関投資家は、ブルームバーグアップポータルのソリューションにより、日常業務の効率化および収益の追求に活用できると共に、将来的には独自のソフトウェアツールへとしての開発を検討することにより、自社のスタッフや顧客に配信するといった幅広い活用方法の検討を行うことができる。

ブルームバーグのマーケットデータフィード(B-PIPE)は、世界レベルの接続性を可能にし、ブルームバーグのコンポジットティッカーや市場インデックスはもちろんのこと、330以上の取引所と5,000以上の情報提供機関から収集されるデータを含む、全ての資産クラスにおける3,500万以上の投資商品に関する標準化された総合的な市場データへのアクセスを提供する。