知識共有プラットフォーム「Quora(クォーラ)日本語版」、『質問受付機能』提供開始

News

「Quora(クォーラ)日本語版」は、ユーザーが自身で選んだトピックについて質問を自ら受け付ける事ができる『質問受付機能』の提供開始を発表した。

Quoraは「世界中の知識を共有し、その知識を広め深めること」を使命とし、2010年より英語でサービスを開始した。

2016年末より多言語での提供を始め、昨年11月にはアジア初の言語として日本語版をリリースし、以降順調に拡大している。Quora日本語版上の回答数は2018年1月時点から5倍となり、毎月20%以上増加し続けている。

Quoraは通常AIの技術を用い、質問者と回答者のマッチングを行っているが、今回、ユーザーが能動的に自身の得意分野について回答する機会、および質問できる機会を拡大し、さらなる知識の共有を推進することを目的に、『質問受付機能』の提供を開始した。

質問受付は誰でも、どのようなトピックにおいても実施可能で、他のユーザーから質問を受け取った後、好きな質問を選び、回答を行うことができる。

回答へのリクエスト数も見ることができるため、ユーザーがどの質問に一番興味を持っているかも事前に知ることができる。

またこの『質問受付機能』によって書かれた回答は、他のQuoraの回答と同じように、ネット上で永遠にアクセス可能な知識として蓄積され、参照可能である。

現在Quora日本語版では「モバツイ」の生みの親であるBASE株式会社 取締役CTOの藤川真一氏や、内閣府 情報化参与 CIO補佐官を務める楠正憲氏などが参加しているが、今回新たに追加される質問受付機能を使い、宇宙、古代エジプト、政治、経営学、AIなど様々な分野の専門家も順次参加予定。ユーザーの方は専門家のプロフィールにアクセスすることで質問を投稿することができる。

Quora創業者兼CEOアダム・ディアンジェロは次のように述べている。

「Quoraはグローバルの月間ユニークビジター数が2億人を超えるまでに成長しました。今回の新たな機能の追加により、ユーザー体験がさらに向上します。日本のより多くの方々にQuoraに参加していただき、知識を共有し、生活に役立たせていただければと願っております」

Quoraの仕組み

Quoraでは、ありとあらゆるトピックについて質問することができ、全ての質問は、その質問の回答に適した人へ自動的に振り分けられる。

各ユーザーアカウントは、Quora内で質問と回答の書き込み、トピックや人のフォローなど、利用を重ねるたびに最適化されている。

Quoraは、回答者のクオリティ、コミュニティの他のメンバーから得られるフィードバック、信頼性を保証する製品の特徴に基づき、質の高い回答を担保している。

また、本名を使用するという基本方針も、回答への信頼性を高めることに繋がっている。

さらにQuoraの基本方針として、「いつも思いやりと敬意を」という規約の下、礼節を持ってQuoraを利用するようユーザーに呼びかけている。システム上でもこの方針をバックアップしており、機械学習、自然言語処理、パターン照合の技術を利用して、スパムや、盗用、トローリング(荒らし行為)といったユーザー体験に悪影響を与える事柄を検出・除去している。