モンスター・ラボ、ロボティクスサービスの実現を目指したMira Roboticsへの出資及びアドバイザー就任を発表

News

株式会社モンスター・ラボは、パートナーロボットの開発を手掛けるMira Robotics株式会社に出資したことを発表した。

また、ML代表取締役社長のいな川は、伊達 央氏とともにMRのアドバイザーに就任することで、MRの経営基盤・開発基盤の強化に貢献していく方針だ。

出資及びアドバイザー就任の目的について

MRは、独自のパートナーロボットの開発及びロボットを様々な領域で活用するサービスとして提供する“RaaS(Robot as a Service)”プラットフォームを開発している。

MLはMRへの出資及びアドバイザリーボード就任を行うことで、ソフトウェアのみならずハードウェアにも関わるロボティクスサービスの知見獲得を目指している。