タグピク、Instagramの「ショッピング機能」の日本上陸にあわせ、商品・サービスのSNSブランディング・ソリューションを提供開始

News

タグピク株式会社は、Instagramの「ショッピング機能」の正式導入に際し、「ソーシャル・ブランディング」×「EC」のコンサルティングサービスの開始を発表した。

タグピク社について

タグピク社は、Instagram専業としては日本初となるインフルエンサー・マーケティングの会社として、日本、台湾、韓国、タイ、香港、中国など国内/国外のインフルエンサーをネットワーク化してきた。

現在、同社がネットワーク化した国内外のインフルエンサー(Instagram上でアカウントのフォロワー数が5,000フォロワー以上のインスタグラマー)は、3,800名を突破し、海外提携社が保有するネットワークを含め、アジア圏に存在する約8.1億フォロワーにリーチ可能となっている。

タグピク社は国内・海外のラグジュアリーブランドから通販企業までジャンルを問わず、約80社以上のインスタグラムマーケティングののアカウント支援の実績を有しており、ブランディングに強いインスタグラムPR会社として、国内ではトップクラスの信頼と実績を有している。

Instagramの「ショッピングShop Now」機能と企業の課題

6月5日、Instagramより、アプリ内から商品が直接購入できる新たなツールとして「ショッピングShop Now」機能の日本国内導入開始が発表された。

国内で既にこの機能が導入されているビジネスアカウントは、「Baycrews」、「BOTANIST」、「creema」、「Gilt Japan」、「minne」、「ZOZOTOWN」の6ブランドのみだが、今後、このショッピング機能を利用する企業は、ECや通販企業を中心に加速度的に増えていく見込みだ。

この機能の追加により、今までブランディングが主体と考えられていたプラットフォームとしてのInstagramは、ECサイトの売上増加の流入元としての非常に重要性が増すことが予想される。

そのような背景を踏まえると、通販・ECなどの企業にとって、Instagramの重要性が増す一方、写真と動画のクリエイティブのクオリティがファン(フォロワー)を獲得するのに影響を与えるものの、インスタグラムの運用スペシャリストを社内に招き入れて運用体制を構築することは難しいことから、昨年から徐々に同社へのInstagramアカウントのコンサルティングの相談案件数が増加している。

タグピク社のソリューションの概要

タグピク社では、年間500万円以上(最低発注単価)の予算のある企業向けに、ショッピング機能の導入サポートに加え、以下のブランディングソリューションのプログラムを提供している。

インスタグラムのブランド・マネジメントプラン(スタータープラン)

アカウントのコンセプト策定から、競合分析、ポジショニング、導線設計などを約2ヶ月間で実施。残りの2ヶ月間で、ショッピング機能の導入サポートから、実際に写真・動画の投稿を行い、テスト的に小規模なキャスティングを実施。2ヶ月の運用成果をもとに報告レポートを作成し、今後のプランニング提案を行う。

金額:600万円~(4ヶ月間)

インスタグラムのブランド・マネジメントプラン(スタンダードプラン)

上記プランの初期導入コンサルティングに加え、クライアントのプロジェクトメンバーと一緒に年度予算を策定し、年間の具体的なPRスケジュールを構築。必要に応じ、「##タグキャンペーン」「インフルエンサーキャスティング」などを実施する。

金額:800万円~2,000万円(8ヶ月間)

ブランド・マネジメント&運用代行&広告運用プラン(フルセットプラン)

ブランド・マネジメントから、アカウント運用代行、キャスティング、#♯タグキャンペーン、インスタグラム公式広告の運用をフルパッケージで提供するプラン。

金額:月額300万円~月額3,000万円(年間契約)