ウォンテッドリーと京都銀行が業務提携

M&A/提携

ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、京都銀行と業務提携契約を締結した。

ウォンテッドリーが関西地区の金融機関と提携するのは今回が初めて。京都銀行の取引先企業が抱える若手人材不足などの課題解決に向けた支援を両社で行う。

提携の背景

ウォンテッドリーは 2012 年2月にビジネスSNS「Wantedly」をリリースし、これまで25,000社が登録、月間 200 万人が利用するサービスへと成長を続けている。会社とビジネスパーソンを“共感”でマッチングする「Wantedly Visit」は、20〜30 代の若手層に支持されている。

厚生労働省京都労働局が発表した平成30年2月の京都府内における有効求人倍率(季節調整値)は1.56倍であり、10か月連続で1.5倍台の高水準を維持している。

今回、ウォンテッドリーと京都銀行が提携することで、同銀行の取引先企業が抱える人材不足に対し、「Wantedly Visit」のメインユーザーである 20〜30 代の若手層のマッチングを支援していく方針だ。企業は、“共感”でマッチングを行うことで、これまでの採用ツールや媒体では出会えなかった層にアプローチすることが可能になる。

京都銀行から「Wantedly Visit」を紹介された企業については、ウォンテッドリーで運用のサポートを行い、両社で若手人材不足などの課題解決を目指していくようだ。