DX(デジタルトランスフォーメーション)

【用語解説】デジタイゼーションとデジタライゼーションはそれぞれどういう意味?どう違う?

dx-keywords-image

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が大きなテーマとして取り上げられることが増えるなかで、「デジタイゼーション」や「デジタライゼーション」という言葉も頻繁に使われるようになりました。しかし、これらの言葉の意味や違いについて正しく理解している人は少ないかもしれません。本記事では、デジタイゼーションとデジタライゼーションのそれぞれの意味とその違いについて詳しく解説します。これにより、デジタル変革を進める上での基本的な知識を身につけることができます。

デジタイゼーションとは?

デジタイゼーション(Digitization)は、アナログ情報をデジタル形式に変換するプロセスを指します。これは、紙の書類をスキャンしてデジタルファイルに変換することや、アナログの音声や映像をデジタルデータに変換することを含みます。デジタイゼーションの主な目的は、情報の保存やアクセスを容易にし、効率を向上させることです。

デジタイゼーションの具体例

  • 紙の書類をスキャンしてPDFに変換する。
  • アナログレコードをデジタル音源に変換する。
  • フィルム写真をスキャンしてデジタル画像にする。

デジタイゼーションは、主に情報やデータの形式を変える作業に焦点を当てています。これにより、情報の保存、共有、検索が容易になり、業務プロセスの効率化が図れます。

デジタライゼーションとは?

デジタライゼーション(Digitalization)は、デジタイゼーションによって得られたデジタルデータを活用して、ビジネスプロセスや業務フローを改善・最適化するプロセスを指します。これは、単なるデジタル化ではなく、デジタル技術を活用して業務全体を再構築し、革新をもたらすことを目的としています。

デジタライゼーションの具体例

  • デジタルデータを基にした自動化システムの導入。
  • 顧客データを分析してマーケティング戦略を最適化する。
  • クラウドベースのプラットフォームを導入してチームのコラボレーションを強化する。

デジタライゼーションは、デジタル技術を活用して新たな価値を創出し、ビジネスモデルやサービスを革新する取り組みです。これにより、企業は競争力を高め、市場の変化に柔軟に対応できるようになります。

デジタイゼーションとデジタライゼーションの違い

デジタイゼーションとデジタライゼーションは、似たような言葉ですが、意味や目的が異なります。

digitization-digitalization-comparison
図:デジタイゼーションとデジタライゼーションの比較(BizDevキャリア編集部作成)

1.プロセスの範囲・スコープ

  • デジタイゼーション:アナログ情報をデジタル形式に変換するプロセス。
  • デジタライゼーション:デジタルデータを活用して業務プロセスやビジネスモデルを改善・最適化するプロセス。

2.目的

  • デジタイゼーション:情報の保存やアクセスを容易にし、効率を向上させること。
  • デジタライゼーション:デジタル技術を活用して新たな価値を創出し、ビジネスモデルやサービスを革新すること。

3.影響範囲

  • デジタイゼーション:情報やデータの形式に限定される。
  • デジタライゼーション:ビジネスプロセス全体や組織全体に広がる影響を持つ。

まとめ

この記事では、デジタイゼーションとデジタライゼーションのそれぞれの意味とその違いについて詳しく解説しました。デジタイゼーションはアナログ情報をデジタル形式に変換するプロセスであり、デジタライゼーションはそのデジタルデータを活用してビジネスプロセスや業務フローを改善・最適化するプロセスです。これらの違いを理解することで、デジタル変革を効果的に進めるための基礎的な知識を身につけることができます。

ビジネスモデルキャンバス入門:基本の理解から活用方法まで前のページ

新規事業立ち上げ時に役立つフレームワーク5選次のページ

関連記事

  1. reskilling-image
  2. governance-image

人気の記事

  1. ai-report-image
  2. workplace-image
  3. company-image
  4. nappy-works
  5. moonshot-image

最近の記事

  1. nav-image
  2. btob-marketing-image
  3. nappy-works
  4. market-image
  5. multiple-valuation-image
PAGE TOP