DX(デジタルトランスフォーメーション)

企業のDXを加速する「ローコード」「ノーコード」について徹底解説

low-code-no-code-image

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業の競争力を高めるために不可欠な要素です。しかし、DXを推進するには高度な技術や専門知識が必要とされることが多く、そのハードルが高いと感じる企業も少なくありません。そこで注目されるのが「ローコード」および「ノーコード」プラットフォームです。これらのツールは、プログラミングの専門知識がなくてもアプリケーション開発を可能にし、DXの推進を加速します。本記事では、ローコードとノーコードの概要とそのメリット、具体的な使用例について徹底解説します。

ローコードとノーコードとは

ローコード(Low-Code)とノーコード(No-Code)は、アプリケーション開発を簡素化するためのプラットフォームです。これらのツールは、視覚的なインターフェースを用いてドラッグ&ドロップ操作でアプリケーションを構築することができ、プログラミングの知識がほとんど必要ありません。

ローコード(Low-Code)

ローコードは、一部のカスタムコードを必要とするものの、主要な機能はビジュアルツールを使って開発できます。ローコードプラットフォームは、開発者が迅速にアプリケーションを作成し、特定の要件に応じてコードを追加することで柔軟性を保ちながら開発を進めることができます。

国内でよく使われているローコードツール

1.OutSystems

  • エンタープライズ向けのローコード開発プラットフォーム。ビジュアルモデリングや自動コード生成を使って、迅速にアプリケーションを開発できます。
  • OutSystems公式サイト

2.Mendix

  • オランダ発のローコード開発プラットフォーム。ドラッグ&ドロップとモデル駆動型開発を活用して、企業向けのアプリケーションを迅速に開発できます。
  • Mendix公式サイト

3.Power Apps

  • マイクロソフトが提供するローコードアプリ開発プラットフォーム。Office 365やDynamics 365と統合されており、ビジネスアプリケーションを簡単に作成・カスタマイズできます。
  • Power Apps公式サイト

ノーコード(No-Code)

ノーコードは、完全にコーディング不要でアプリケーションを構築できるプラットフォームです。これにより、非技術者でも簡単にアプリケーションを開発することが可能です。ノーコードツールは、特定のテンプレートやウィジェットを組み合わせて使うことで、迅速に動作するアプリケーションを作成します。

国内でよく使われているノーコードツール

1.Notion

  • 多機能なノートアプリで、データベース管理やタスク管理、プロジェクト管理などに利用されます。直感的な操作で複雑なデータ管理が可能です。
  • Notion公式サイト

2.STUDIO

  • Webサイトをノーコードでデザイン・開発できるツールです。ドラッグ&ドロップで簡単に美しいWebサイトを作成できます。
  • STUDIO公式サイト

3.Kintone

  • サイボウズ株式会社が提供する業務アプリ作成プラットフォーム。ノーコードで業務プロセスの管理やデータベースの構築が可能です。
  • Kintone公式サイト

ローコードとノーコードのメリット

merit-image

これらのプラットフォームを活用することで、企業はさまざまなメリットを享受できます。以下に主要なメリットを挙げます。

1. 開発速度の向上

ローコードおよびノーコードツールを使用することで、アプリケーションの開発速度が飛躍的に向上します。ドラッグ&ドロップ操作やテンプレートの活用により、従来のプログラミングと比べて開発時間を大幅に短縮できます。

2. コスト削減

プログラミングの専門知識が不要なため、開発コストを削減できます。外部の開発者に依頼する必要がなくなり、社内の非技術者でも開発が可能になるため、コスト効率が高まります。

3. ビジネスユーザーの自主開発

ビジネスユーザーが自分たちでアプリケーションを開発できるようになるため、IT部門への依存が減り、業務プロセスの改善が迅速に行えます。これにより、現場のニーズに即したアプリケーションが迅速に導入されます。

4. 柔軟性とスケーラビリティ

ローコードおよびノーコードプラットフォームは、既存のシステムと統合しやすく、スケーラブルなソリューションを提供します。必要に応じて機能を追加したり、変更したりすることが容易です。

ローコードとノーコードの具体的な使用例

1. 業務プロセスの自動化

多くの企業が日常的に行っている業務プロセスを自動化するためにローコードおよびノーコードプラットフォームを使用しています。例えば、営業チームが顧客情報を管理するためのCRMシステムや、経理部門が請求書の処理を自動化するアプリケーションを簡単に作成できます。

2. カスタマーエクスペリエンスの向上

カスタマーサービスの改善にもこれらのツールが役立ちます。例えば、ノーコードプラットフォームを使ってカスタマーサポートのチャットボットを作成し、顧客からの問い合わせに迅速に対応することができます。

3. データの可視化と分析

データの可視化や分析ツールもローコードおよびノーコードプラットフォームで簡単に作成できます。営業データやマーケティングデータを可視化し、経営層が迅速に意思決定を行えるよう支援するダッシュボードを構築することが可能です。

4. モバイルアプリの開発

モバイルアプリケーションの開発もローコードおよびノーコードツールを使って効率的に行えます。社内業務用のアプリから顧客向けのサービスアプリまで、多種多様なモバイルアプリを短期間で開発できます。

導入の際の注意点

important-notice-image

ローコードおよびノーコードプラットフォームを導入する際には、いくつかの注意点があります。以下の点を考慮することで、導入の成功を確実にできます。

1. 適切なプラットフォーム選定

企業のニーズや目標に最適なプラットフォームを選定することが重要です。プラットフォームごとに得意分野や機能が異なるため、事前に評価を行い、最適なものを選びましょう。

2. セキュリティ対策

開発したアプリケーションのセキュリティを確保するために、プラットフォームのセキュリティ機能を確認し、必要な対策を講じることが重要です。特に、顧客データや機密情報を扱う場合は慎重に対策を行いましょう。

3. スケーラビリティの確保

将来的な成長や機能拡張に対応できるスケーラブルなプラットフォームを選ぶことが重要です。短期的なニーズだけでなく、長期的な視点でプラットフォームの選定を行いましょう。

4. トレーニングとサポート

社内の非技術者がプラットフォームを効果的に活用できるよう、十分なトレーニングとサポートを提供することが重要です。プラットフォームの導入初期にしっかりとした教育を行うことで、スムーズな運用が可能になります。

まとめ

本記事では、企業のDXを加速する「ローコード」「ノーコード」プラットフォームについて詳しく解説しました。これらのツールを活用することで、プログラミングの専門知識がなくても迅速にアプリケーションを開発でき、DXの推進を大幅に加速することが可能です。適切なプラットフォーム選定やセキュリティ対策を講じながら、ローコードおよびノーコードツールを活用して、競争力のあるビジネスを実現しましょう。

レガシーシステムから脱却しDX化を実現するための「モダナイゼーション」前のページ

プロジェクトマネジメントにおける組織ガバナンス「RRAA」の重要性次のページ

関連記事

  1. governance-image

人気の記事

  1. company-image
  2. ai-report-image
  3. notebooklm-image
  4. moonshot-image

最近の記事

  1. nav-image
  2. btob-marketing-image
  3. nappy-works
  4. market-image
  5. multiple-valuation-image
PAGE TOP