ナレッジ

Webサイト担当者の必須知識!「ウェブアクセシビリティ」について知っておこう

web-accessibility-image

ウェブアクセシビリティは、全てのユーザーがウェブサイトを問題なく利用できるようにするための重要な概念です。本記事では、ウェブサイト担当者が知っておくべき基本的なウェブアクセシビリティの知識と、その実践方法について詳しく解説します。アクセシビリティを向上させることで、より多くのユーザーにリーチできるだけでなく、法律遵守やブランドイメージの向上にもつながります。

ウェブアクセシビリティとは何か?

ウェブアクセシビリティとは、障害の有無や年齢、使用環境にかかわらず、全ての人がウェブサイトの情報にアクセスできるようにすることを指します。例えば、視覚障害のある人がスクリーンリーダーを使用してウェブページを読み上げさせることや、色覚障害のある人が特定の色の区別がつかなくても情報を理解できるようにすることなどが含まれます。

今後ますますウェブアクセシビリティの重要性が高まる

ウェブアクセシビリティの重要性は、多くの理由から高まっています。まず、法律の観点から、2024年4月1日から施行された改正障害者差別解消法により、事業者は障害者への合理的配慮が義務化されました。さらに、高齢者人口の増加に伴い、加齢による視力や聴力の低下を考慮したウェブサイトの設計が求められています。これにより、より多くのユーザーがウェブサイトを利用できるようになるため、アクセス数やユーザー満足度の向上にもつながります。

ウェブアクセシビリティの具体的なガイドライン

ウェブアクセシビリティを実現するためには、具体的なガイドラインに従う必要があります。最も代表的なものは、WCAG(Web Content Accessibility Guidelines)です。これらのガイドラインでは、認知しやすさ、操作しやすさ、理解しやすさ、堅牢性という4つの原則に基づいて、ウェブコンテンツがどのように設計されるべきかが詳細に説明されています。また、日本国内ではJIS X 8341-3:2016という規格も存在し、これに準拠することで国内の法律にも対応できます。

ウェブアクセシビリティ実践のステップ

step-image

ウェブアクセシビリティを実践するためには、以下のステップを踏むことが重要です。

  1. 現状分析: 現在のウェブサイトのアクセシビリティ状況を評価します。自動チェックツールやユーザビリティテストを用いて、改善が必要な箇所を特定します。
  2. 計画立案: 改善点に基づいて具体的な改善計画を立てます。優先順位を設定し、実施スケジュールを決定します。
  3. 実施: 計画に従って改善作業を行います。HTMLやCSSの修正、代替テキストの追加、色のコントラスト調整などが含まれます。
  4. 評価とフィードバック: 改善後のウェブサイトを再評価し、ユーザーからのフィードバックを収集します。必要に応じてさらなる改善を行います。

ウェブアクセシビリティの向上がもたらす効果

ウェブアクセシビリティの向上は、様々な効果をもたらします。まず、障害者や高齢者を含む多様なユーザーがウェブサイトを利用しやすくなるため、アクセス数が期待できます。また、アクセシビリティを考慮したデザインは一般ユーザーにとっても使いやすいものとなり、ユーザーエクスペリエンスが向上します。さらに、法律遵守によるリスク回避や、社会的責任を果たすことでブランドイメージの向上にも寄与します。

ウェブアクセシビリティ対応の具体例

具体例として、デジタル庁のガイドブックで紹介されている以下の取り組みを挙げます。

1.スクリーンリーダーの対応

視覚障害者がウェブページを利用できるように、スクリーンリーダーで読み上げられるテキストを提供することが重要です。例えば、画像には必ず代替テキスト(altテキスト)を設定し、リンクには明確な説明を付けることで、視覚に頼らずともコンテンツを理解できるようにします。

2.キーボード操作のサポート

障害者がマウスを使わずにキーボードだけでウェブサイトを操作できるようにすることが求められます。すべての機能にキーボードショートカットを設けたり、タブキーを使ってリンクやフォームフィールド間を移動できるようにすることが含まれます。

3.色覚特性に配慮したデザイン

色覚特性があるユーザーが情報を正確に理解できるように、色のコントラスト比を適切に設定することが大切です。例えば、重要な情報を色だけで伝えるのではなく、形やテキストを使って補完することで、色覚特性があるユーザーにも対応します。

4.字幕や手話の提供

聴覚障害者が音声コンテンツを理解できるように、動画には字幕を付けたり、手話通訳を提供することが推奨されます。これにより、音声情報が聞こえない場合でも内容を理解できるようになります。

まとめ

この記事では、ウェブアクセシビリティの基本的な概念とその重要性、具体的なガイドラインや実践方法について解説しました。ウェブアクセシビリティを向上させることで、多様なユーザーが利用しやすいウェブサイトを実現でき、アクセス数の増加やユーザーエクスペリエンスの向上、法律遵守やブランドイメージの向上といった効果が期待できます。これからウェブサイトを改善しようとする担当者にとって、本記事が役立つことを願っています。

参考資料

lock-up-imageM&Aを考える際に知っておきたい「ロックアップ(キーマン条項)」について前のページ

アクセラレータープログラムとは?実施する側・参加する側それぞれのメリットを説明次のページstart-up-image

関連記事

  1. real-estate-investment
  2. abduction-image
  3. bitcoin-image

    ナレッジ

    仮想通貨を知るなら、「半減期」の仕組みを理解することが不可欠

    仮想通貨の世界を理解するには、「半減期」の仕…

  4. activist-image

    ナレッジ

    モノ言う株主「アクティビスト」とは?日本国内での活動事例も紹介

    アクティビストとは、ある企業の一定以上の株式…

  5. skill-up-image

    ナレッジ

    今の自分の知識やスキルを強化する「アップスキリング」とは

    現代のビジネス環境は急速に変化しており、従来…

人気の記事

  1. cognition
  2. bpaas-image
  3. incivility-image
  4. zcareerplatform
  5. kurashiru-job

最近の記事

  1. solopreneur
  2. skill-image
  3. IFRS
  4. Gillette-Model
  5. north-star-metric

カテゴリー

PAGE TOP