ナレッジ

カーブアウト・スピンアウト・スピンオフの違いとは?それぞれの特徴を解説

explanation-image

企業が事業の再編や資本戦略を進める際に、「カーブアウト」「スピンアウト」「スピンオフ」といった手法が用いられることがあります。これらの手法は、似ているようでそれぞれ異なる特徴を持ち、目的や効果も異なります。本記事では、カーブアウト、スピンアウト、スピンオフの違いと特徴について詳しく解説します。

カーブアウトとは何か?

カーブアウト(Carve-out)は、企業が特定の事業部門や子会社の一部を売却または新規株式公開(IPO)する手法です。この手法では、親会社が一部の株式を保持しながら、外部投資家に対して事業の一部を売却します。スピンアウトやスピンオフも、広義にはカーブアウトの一種とされます。

カーブアウトの特徴

  1. 部分的な資金調達: 親会社は一部の株式を保持しつつ、外部投資家から資金を調達することができます。
  2. 独立性の向上: 売却された事業部門や子会社は、より独立した運営が可能になります。
  3. 市場評価の透明化: 市場による評価が明確になり、企業価値を客観的に把握することができます。

スピンアウトとは何か?

スピンアウト(Spin-out)は、企業が特定の事業部門を独立した新会社として分離する手法です。この手法では、新会社は親会社の一部資産や技術、人材を引き継ぎ、独立した法人格を持ちます。スピンアウトは独立後に資本関係を維持せず、完全に独立する形態です。

スピンアウトの特徴

  1. 完全な独立性: 新会社は完全に独立した経営体制を持ち、親会社の資本関係がなくなります。
  2. 新たな成長機会: 新会社は独自の成長戦略を展開し、新たな市場機会を追求できます。
  3. 親会社との連携: スピンアウト後も技術やノウハウの共有を続けることができますが、資本関係はありません。

スピンオフとは何か?

スピンオフ(Spin-off)は、企業が特定の事業部門を完全に分離し、独立した新会社として設立する手法です。この手法では、親会社の株主が新会社の株式を保有し、資本関係を維持します。スピンオフは、独立後も親会社との資本関係を維持する形態です。

スピンオフの特徴

  1. 独立性の向上: 新会社は独立した経営体制を持ち、親会社からの影響が減少します。
  2. 株主への還元: 親会社の株主が新会社の株式を受け取ることで、株主価値が向上します。
  3. 資本関係の維持: 親会社と新会社の間には資本関係が残り、株主が両社の株式を保有します。

カーブアウト・スピンアウト・スピンオフの比較

ここまで説明したカーブアウト、スピンアウト、スピンオフの3つについて、それぞれの特徴をシンプルにまとめてみましょう。

カーブアウト

  • 資本関係: 親会社が一部の株式を保持
  • 独立性: 部分的な独立
  • 資金調達: 外部投資家から資金を調達

スピンアウト

  • 資本関係: 独立後に資本関係を維持せず、完全に独立
  • 独立性: 完全な独立経営
  • 連携: 技術やノウハウの共有が可能

スピンオフ

  • 資本関係: 独立後も資本関係を維持
  • 独立性: 独立した経営体制
  • 株主構成: 親会社の株主が新会社の株式を保有

3つの手法のうちどれを選ぶべきか?各手法の選択基準

select-image

カーブアウトの選択基準

  • 資金調達が必要だが、完全な独立は望まない場合
  • 事業部門の市場評価を明確にしたい場合

スピンアウトの選択基準

  • 特定の事業部門を完全に独立させたい場合
  • 親会社との資本関係を解消し、独立経営を実現したい場合

スピンオフの選択基準

  • 独立性を高めつつ、親会社との資本関係を維持したい場合
  • 親会社の株主に対して新たな価値を提供したい場合

まとめ

この記事では、カーブアウト、スピンアウト、スピンオフの違いと特徴について解説しました。カーブアウトは部分的な資金調達と独立性向上、スピンアウトは完全な独立と親会社との資本関係の解消、スピンオフは独立性を保ちながら親会社との資本関係を維持する手法です。それぞれの手法を理解し、企業の戦略に応じて最適な方法を選択することで、事業の成長と再編を効果的に進めることができます。

explainable-aiXAI(説明可能なAI)とは?その全容をわかりやすく説明前のページ

同業界の連続的買収を行うことで市場シェア拡大を狙う「ロールアップ戦略」とは次のページroll-up-image

関連記事

  1. nav-image
  2. finance-image
  3. protean-career-image
  4. abduction-image
  5. side-job-image
  6. esg-image

    ナレッジ

    世界的に広がる「ESG経営」、そのポイントをわかりやすく解説

    企業経営においてESG(環境・社会・ガバナン…

人気の記事

  1. bpaas-image
  2. cognition
  3. kurashiru-job
  4. zcareerplatform
  5. incivility-image

最近の記事

  1. solopreneur
  2. skill-image
  3. IFRS
  4. Gillette-Model
  5. north-star-metric

カテゴリー

PAGE TOP