ナレッジ

不確実性の高い時代を生き抜くための思考法「エフェクチュエーション」とは

effectuation-image

現代のビジネス環境は、変化と不確実性に満ちています。従来の計画主義的なアプローチだけでは、予測不可能な未来に対応することは困難です。そこで注目されているのが「エフェクチュエーション」という思考法です。この記事では、エフェクチュエーションの基本概念、その重要性、実践方法について詳しく解説し、不確実な時代を生き抜くためのヒントを提供します。

エフェクチュエーションとは何か?

エフェクチュエーション(Effectuation)は、サラ・サラスバシー教授が提唱した、起業家が不確実性の中で意思決定を行う際の思考法です。エフェクチュエーションは、従来の「予測」に基づく計画とは対照的に、利用可能なリソースやネットワークを最大限に活用しながら、柔軟に対応していくアプローチです。

参考書籍:「エフェクチュエーション: 市場創造の実効理論」サラス・サランバシー著

エフェクチュエーションの5原則

エフェクチュエーションは、以下の5つの原則に基づいています。

1. 鳥の手の原則(Bird-in-Hand Principle)

手元にあるリソースを活用して、何ができるかを考えます。自分の強みやネットワーク、手持ちの資源を最大限に活用することが重要です。

2. 手が届くリスクの原則(Affordable Loss Principle)

失敗しても許容できる範囲内でリスクを取ります。大きなリターンを追求するのではなく、損失を最小限に抑えることを重視します。

3. レモネードの原則(Lemonade Principle)

予期せぬ出来事や問題をチャンスに変える柔軟性を持ちます。計画外の出来事も前向きに捉え、それを活かす方法を考えます。

4. パッチワークキルトの原則(Crazy-Quilt Principle)

パートナーシップや協力関係を築き、共同で進めることを重視します。多様なステークホルダーと協力し合い、共創を促進します。

5. パイロット・イン・プレインの原則(Pilot-in-the-Plane Principle)

未来は予測するものではなく、自ら創り出すものという考え方です。自分の行動や意思決定によって未来を切り開くことを目指します。

エフェクチュエーションの重要性

エフェクチュエーションは、不確実性の高いビジネス環境において特に重要です。予測不可能な状況でも迅速に対応し、柔軟な戦略を構築するための思考法として、次のようなメリットがあります。

柔軟性と適応力の向上

エフェクチュエーションは、状況に応じて柔軟に戦略を変更することを重視します。これにより、予期せぬ変化に迅速に対応し、ビジネスの持続性を確保することができます。

リスク管理の強化

失敗しても許容できる範囲内でリスクを取るというアプローチは、大きな損失を避けつつ、新しい機会を追求するための効果的な方法です。これにより、ビジネスの安全性と成長のバランスを保つことができます。

イノベーションの促進

エフェクチュエーションは、問題をチャンスに変える思考法です。これにより、革新的なアイデアやアプローチが生まれやすくなり、競争力を高めることができます。

エフェクチュエーションの実践方法

how-to-use-image

エフェクチュエーションを実践するためには、以下のようなステップを踏むことが有効です。

自己資源の棚卸し

まず、自分の持っているリソースや強みを把握します。スキル、ネットワーク、資金など、手元にあるすべてのリソースをリストアップし、それらを最大限に活用する方法を考えます。

許容できるリスクの設定

次に、どの程度のリスクを許容できるかを明確にします。リスクを取る際には、その損失がビジネスに与える影響を考慮し、最小限に抑える方法を見つけます。

パートナーシップの構築

多様なパートナーと協力し、共同でプロジェクトを進めます。信頼できるパートナーを見つけ、互いの強みを活かして協力し合うことで、より効果的な成果を得ることができます。

変化への対応力を養う

予期せぬ変化や問題に対して前向きに対応する姿勢を持ちます。柔軟な思考と迅速な行動を心がけ、変化をチャンスに変える方法を模索します。

エフェクチュエーションとコーゼーションの違い

エフェクチュエーションとコーゼーション(Causation)は、意思決定のアプローチが異なります。

コーゼーション(Causation)

コーゼーションは、目標を設定し、その目標を達成するための計画を立てて進むアプローチです。従来のビジネスプランニングに近い方法で、未来を予測し、計画通りに進めることを重視します。

エフェクチュエーションとの違い

エフェクチュエーションは、利用可能なリソースや現在の状況に基づいて柔軟に行動することを重視します。目標よりもプロセスに重点を置き、変化する状況に対応しながら進むアプローチです。不確実な環境下では、エフェクチュエーションの方が適している場合が多いです。

まとめ

エフェクチュエーションは、不確実性の高い時代において有効な思考法です。手元にあるリソースを活用し、許容できるリスクを設定し、予期せぬ変化にも柔軟に対応することで、ビジネスの持続性と成長を実現できます。エフェクチュエーションの原則を理解し、実践することで、変化の激しい現代を生き抜くための力強い武器となるでしょう。

ai-report-imageマッキンゼーが発表した「生成AIがもたらす潜在的な経済効果」をわかりやすく説明前のページ

営業組織を強化するための「セールスイネーブルメント」が注目される理由とその実践方法次のページsales-image

関連記事

  1. web-accessibility-image
  2. ナレッジ

    バックキャスティングとは?未来から逆算する思考法

    バックキャスティングは、未来の理想的な状態を…

  3. protean-career-image
  4. question-image
  5. per-image

    ナレッジ

    PER(株価収益率)とは何か?計算方法やPBRとの違いを知ろう

    株式投資を行う際、PER(株価収益率)は非常…

  6. employee-success-image

人気の記事

  1. mvp-msp-image
  2. business-plan-image
  3. company-image
  4. naming-image

最近の記事

  1. employee-success-image
  2. cross-functional-team
  3. bpaas-image
  4. workplace-image
  5. nps-image
PAGE TOP