ナレッジ

企業版ふるさと納税とは?企業視点でのメリットについて解説

furusato-image

企業版ふるさと納税は、企業が地方自治体に対して寄付を行うことで、法人税や地方税の一部が控除される制度です。2020年4月の税制改定により、企業の実質負担額が大幅に軽減され、寄付金額の約90%が税控除の対象となるようになりました。この制度を活用することで、企業は地域貢献を行いながら税制上のメリットも享受できます。本記事では、企業版ふるさと納税の基本的な仕組みと、企業にとっての具体的なメリットについて解説します。さらに、人材派遣型の企業版ふるさと納税についても触れ、その詳細とメリットについてもご紹介します。

企業版ふるさと納税の基本的な仕組み

企業版ふるさと納税は、企業が地方自治体に対して一定の寄付を行うことで、法人税や地方税の控除を受けられる制度です。具体的には、企業が寄付した金額の約90%が税控除の対象となり、その内訳は法人税や住民税、事業税などからの控除となります。これにより、企業は地方自治体の財政支援を行う一方で、自身の税負担を軽減することができます。さらに、寄付金は地方自治体の指定するプロジェクトに充当されるため、企業は自社の理念に合致した地域貢献を行うことが可能です。

2020年4月の税制改定による変更点

2020年4月の税制改定により、企業版ふるさと納税の実質負担額が大幅に軽減されました。改定前は寄付金額の約60%が税控除の対象でしたが、改定後は約90%が税控除の対象となりました。これにより、企業の実質負担額が減少し、より多くの企業がこの制度を活用しやすくなっています。例えば、100万円を寄付した場合、改定前は60万円が控除対象でしたが、改定後は90万円が控除対象となり、企業の負担は10万円にまで抑えられます。この改定により、企業の地域貢献活動が促進され、地方自治体への寄付が増加することが期待されています。

企業にとっての税制上のメリット

企業版ふるさと納税を利用する最大のメリットは、税制上の優遇措置です。寄付金額の約90%が税控除されるため、実質的な寄付負担は10%程度に抑えられます。具体例として、100万円を寄付した場合、そのうち90万円が法人税や地方税の控除対象となり、実際の企業の負担は10万円となります。これにより、企業は大きな資金負担をせずに地域貢献を実現できます。また、税控除の適用範囲は広く、複数の税目にまたがるため、企業にとっての総合的な税負担の軽減が期待されます。

社会貢献と地域活性化への寄与

企業版ふるさと納税は、単なる税制優遇策以上の価値を持ちます。企業が地方自治体に寄付を行うことで、地域の課題解決や活性化に直接貢献できるのです。例えば、過疎化対策、子育て支援、教育環境の充実、インフラ整備など、地方自治体が抱える多岐にわたる課題に対し、企業の寄付金が充てられます。これにより、地方自治体は限られた財源の中で効率的にプロジェクトを推進でき、地域の発展に寄与します。企業は、地域貢献を通じて社会的責任を果たすとともに、地元住民や自治体との強固な関係を築くことができます。

企業イメージの向上とCSR活動

企業版ふるさと納税を活用することは、企業のイメージアップにも繋がります。地域貢献活動としての寄付は、企業の社会的責任(CSR)活動の一環として広く認知され、ステークホルダーからの信頼を得ることができます。特に、持続可能な社会の実現を目指すSDGs(持続可能な開発目標)が注目される現代において、企業が地域社会に貢献する姿勢は高く評価されます。また、寄付先のプロジェクトがメディアで取り上げられることにより、企業の知名度向上やブランド価値の向上にも寄与します。

企業版ふるさと納税の実施手順と注意点

企業版ふるさと納税を実施する際の手順は比較的簡単です。まず、寄付先となる地方自治体を選定し、自治体が指定するプロジェクトに寄付の意向を伝えます。次に、寄付金額を決定し、自治体と寄付契約を締結します。寄付が完了すると、自治体から寄付受領証が発行されるため、それを基に税控除の申請を行います。ただし、注意点としては、寄付金の使途が限られていることや、寄付金額の上限が設定されている場合があることを事前に確認する必要があります。また、税控除の申請手続きには一定の書類が必要となるため、事前に必要な手続きを把握しておくことが重要です。

人材派遣型企業版ふるさと納税の概要とメリット

人材派遣型の企業版ふるさと納税は、企業が寄付を行うだけでなく、専門的な知識やノウハウを持つ社員を地方自治体や地域活性化団体に派遣する制度です。これにより、企業は寄付金に加えて、人材の派遣を通じて地域貢献を実現します。この制度の具体的なメリットは以下の通りです。

企業のメリット

  1. 派遣した人材の人件費相当額を含む事業費への寄附により、税負担の軽減が可能です。例えば、1,000万円の寄付を行うと、そのうち約900万円が法人関係税の控除対象となります。
  2. 寄付による金銭的支援だけでなく、事業の企画・実施に派遣人材が参画することで、企業のノウハウを活かした地域貢献が可能です。
  3. 人材育成の機会としても活用でき、派遣された社員は新しい環境での経験を積むことができます。

地方自治体のメリット

  1. 専門的知識やノウハウを持つ人材を受け入れることで、地方創生の取り組みを充実・強化できます。
  2. 実質的に人件費を負担することなく、専門人材を活用できるため、財政負担の軽減が図れます。
  3. 地域活性化に向けた新しい取り組みやプロジェクトの推進が可能になります。

まとめ

企業版ふるさと納税は、企業が地方自治体に寄付を行うことで税制上の優遇を受けながら、地域貢献を果たせる制度です。税負担の軽減やCSR活動の一環としての効果に加え、地域活性化への寄与や企業イメージの向上といった多くのメリットがあります。さらに、人材派遣型の企業版ふるさと納税を活用することで、企業は寄付に加えて専門人材の派遣を通じて地域に貢献でき、人材育成の機会を得ることができます。企業としては、この制度をうまく活用し、社会的責任を果たしつつ、自社の成長にも繋げていくことが求められます。

company-image年間32,591時間を削減した、日清食品ホールディングスにおける生成AI活用の取り組み前のページ

AI時代を生き抜くための問題解決手法「テクノベート・シンキング」次のページtechnovate-thinking

関連記事

  1. design-thinking-image

    ナレッジ

    問題解決のフレームワーク「デザイン思考」の5つのプロセスを学ぼう

    デザイン思考は、問題解決のための革新的なアプ…

  2. ナレッジ

    ビジネスモデルキャンバス入門:基本の理解から活用方法まで

    ビジネスモデルキャンバスは、ビジネスアイデア…

  3. effectuation-image
  4. blockchain-image
  5. employee-success-image
  6. workplace-image

    ナレッジ

    これからの職場には、「インシビリティ・マネジメント」が求められる

    現代の職場環境では、多様な価値観や働き方が共…

人気の記事

  1. earn-out-image
  2. moonshot-image
  3. business-plan-image
  4. company-image

最近の記事

  1. employee-success-image
  2. cross-functional-team
  3. bpaas-image
  4. workplace-image
  5. nps-image
PAGE TOP