マーケティング

【用語解説】ハイネットワースとは?言葉の意味を知ってマーケティング活動に生かそう

high-net-worth-image

「ハイネットワース」という言葉をご存知でしょうか?この言葉は、特に金融業界やマーケティング分野で頻繁に使われる用語です。しかし、その具体的な意味や対象となる人々については、あまり知られていないかもしれません。本記事では、「ハイネットワース」の定義から、その特徴、マーケティング活動への活用方法までを詳しく解説します。この知識を活用することで、効果的なマーケティング戦略を立てるための一助としてください。

ハイネットワースとは?

「ハイネットワース」とは、英語の「High Net Worth Individual」(HNWI)を略した言葉で、一般的に高額な資産を保有する個人を指します。具体的には、金融資産が100万ドル以上を有する人々を意味します。ただし、この定義は国や地域によって異なることがあります。

また、「ハイネットワース」に対して、さらに高額な資産を保有する「ウルトラハイネットワース」(Ultra High Net Worth Individual: UHNWI)というカテゴリーも存在します。一般的には、3,000万ドル以上の金融資産を持つ個人がウルトラハイネットワース層に分類されます。ウルトラハイネットワース層は、より高度な金融サービスや特別な投資機会を求めることが多く、さらにパーソナライズされたアプローチが求められます。

日本国内における定義

日本国内においては、野村総合研究所が発表した以下の区分で語られることが多くあります。

  • 超富裕層: 金融資産が5億円以上。
  • 富裕層: 金融資産が1億円以上5億円未満。
  • 準富裕層: 金融資産が5,000万円以上1億円未満。
  • アッパーマス層: 金融資産が3,000万円以上5000万円未満。
  • マス層: 金融資産が3,000万円未満。
hnwi-japan
図:日本国内における超富裕層・富裕層・準富裕層・アッパーマス層・マス層の定義(BizDevキャリア編集部作成)

ハイネットワース層の特徴

ハイネットワース層は、以下のような特徴を持っています。

1.高度な金融知識

多くのハイネットワース層は、投資や資産運用に関する高度な知識を有しています。これにより、自らの資産を効果的に運用し、さらなる財産の増加を目指します。

2.多様な投資ポートフォリオ

ハイネットワース層は、株式、不動産、債券、さらにはプライベートエクイティやヘッジファンドなど、多岐にわたる投資を行います。リスク分散のために、多様な資産クラスに投資することが一般的です。

3.特別なサービスへの需要

高額な資産を保有するため、プライベートバンキングやウェルスマネジメントといった特別な金融サービスを利用することが多いです。これらのサービスは、個別のニーズに対応したパーソナライズされた提案を行います。

4.高い消費力

ハイネットワース層は、高級品や高額なサービスを購入することが多く、高い消費力を持っています。そのため、ラグジュアリーマーケットの主要な顧客層となります。

ハイネットワース層を対象としたマーケティング戦略

ハイネットワース層を効果的にターゲットにするためのマーケティング戦略には、以下のポイントが挙げられます。

1.パーソナライズされたアプローチ

ハイネットワース層は、一律のマーケティングメッセージではなく、自分に特化したパーソナライズされたアプローチを好みます。彼らのニーズや嗜好に合わせたカスタマイズされた提案が重要です。

2.高品質なコンテンツの提供

ハイネットワース層は、質の高い情報を求めます。投資や資産運用に関する詳細で信頼性の高い情報を提供することで、彼らの信頼を得ることができます。

3.信頼関係の構築

ハイネットワース層は、信頼できるパートナーとの長期的な関係を重視します。定期的なコミュニケーションや丁寧な対応を通じて、信頼関係を築くことが大切です。

4.エクスクルーシブなイベントの開催

ハイネットワース層に対しては、限定的なイベントや体験を提供することが有効です。これにより、特別感を演出し、ブランドの価値を高めることができます。

5.デジタルとオフラインの統合

デジタルマーケティングとオフラインでの接点を統合することで、ハイネットワース層に対するアプローチの幅を広げることができます。オンラインでの情報提供とオフラインでのパーソナルなサービスを組み合わせることが効果的です。

ハイネットワース層向けサービスの成功事例

ここでは、ハイネットワース層をターゲットにした成功事例を紹介します。

1.プライベートバンキングの事例

ある大手銀行は、ハイネットワース層向けにプライベートバンキングサービスを提供しています。このサービスでは、個別の資産運用プランの提供や、専任のアドバイザーによるサポートを行っています。結果として、多くの顧客から高い評価を得ています。

2.高級不動産の販売事例

高級不動産会社が、ハイネットワース層をターゲットにしたマーケティングキャンペーンを展開しました。エクスクルーシブな物件見学ツアーや、個別のニーズに応じた物件提案を行うことで、多数の契約を獲得しました。

3.ラグジュアリーブランドの事例

あるラグジュアリーブランドは、ハイネットワース層向けに限定商品の販売イベントを開催しました。参加者には、特別な招待状やパーソナルショッピングアシスタントが提供され、ブランドの価値を高めることに成功しました。

ハイネットワース層をターゲットにしたマーケティングのポイント

solution-image

ハイネットワース層をターゲットにしたマーケティングを成功させるためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

1.データドリブンなアプローチ

データに基づいたターゲット選定やパーソナライズドマーケティングが重要です。顧客の行動や嗜好を分析し、最適なアプローチを策定します。

2.高いブランド価値の提供

ハイネットワース層は、ブランド価値を重視します。ブランドのストーリーや独自性を強調し、高い価値を提供することが求められます。

3.長期的な関係構築

短期的な成果を追求するのではなく、長期的な関係を構築することが重要です。顧客との信頼関係を築き、継続的なコミュニケーションを行うことで、ロイヤルティを高めます。

4.パーソナルな体験の提供

ハイネットワース層は、他にはない特別な体験を求めます。パーソナルショッピング、プライベートイベント、カスタマイズされたサービスなど、個別の体験を提供することで、顧客満足度を向上させます。

まとめ

この記事では、「ハイネットワース」という言葉の意味と、その特徴、マーケティング活動への活用方法について解説しました。ハイネットワース層は、高度な金融知識と多様な投資ポートフォリオを持ち、高い消費力を持つ重要なターゲットです。彼らを効果的にターゲットにするためには、パーソナライズされたアプローチや高品質なコンテンツの提供、信頼関係の構築が重要です。また、より高額な資産を保有する「ウルトラハイネットワース」層に対しても特別なアプローチが求められます。これらのポイントを押さえたマーケティング戦略を実施することで、ハイネットワース層との強固な関係を築き、ビジネスの成長を促進しましょう。

ABM(アカウントベースドマーケティング)導入の5つのメリット前のページ

新規事業のアイデアを効果的に生み出すためのコツを5つ紹介!次のページ

関連記事

  1. kbf-ksf-image

    マーケティング

    マーケティング担当者が知っておくべき「KBF/KSF」とは

    マーケティング担当者にとって、競争優位を築く…

  2. market-image

    マーケティング

    市場規模をあらわす「TAM/SAM/SOM」って正しく使い分けできる?

    市場規模の分析は、事業開発や新規ビジネスの立…

  3. customer-acquisition-cost-image
  4. difference-image

人気の記事

  1. moonshot-image
  2. workplace-image
  3. incivility-image
  4. bpaas-image
  5. nappy-works

最近の記事

  1. nav-image
  2. btob-marketing-image
  3. nappy-works
  4. market-image
  5. multiple-valuation-image
PAGE TOP