マーケティング

事業の立ち位置を明確にする、「ポジショニングマップ」の作り方

positioning-map

競争の激しいビジネス環境において、自社の事業や製品の立ち位置を明確にすることは成功の鍵となります。ポジショニングマップは、市場内での自社の位置を視覚的に把握し、戦略的な意思決定を支援するための有力なツールです。本記事では、ポジショニングマップの基本概念とその作り方、活用方法について詳しく解説します。

ポジショニングマップとは何か?

ポジショニングマップとは、競合他社と比較した際の自社の製品やサービスの位置を視覚的に表現するツールです。通常、X軸とY軸を用いて、2つの重要な市場要素(例えば、価格と品質など)を軸に取り、各企業や製品をマッピングします。これにより、市場内での相対的な位置や競争環境を一目で理解することができます。

ポジショニングマップの重要性

ポジショニングマップの重要性は、以下の点にあります。

  1. 市場理解の促進: 市場内での自社の位置や競合他社の状況を把握することで、市場全体の動向やトレンドを理解することができます。
  2. 戦略的意思決定の支援: ポジショニングマップを基に、競争戦略やマーケティング戦略の立案が可能となります。
  3. 差別化ポイントの明確化: 自社の強みや独自性を明確にし、競合他社との差別化戦略を策定するための基盤となります。
  4. プロダクト開発の方向性決定: 新製品の開発や既存製品の改良において、どの方向性が最も効果的かを判断する材料となります。

ポジショニングマップの5つの作成ステップ

step-image

ポジショニングマップを作成するためには、以下のステップを踏むことが重要です。

ステップ1:市場要素の選定

X軸とY軸に設定する市場要素を決定します。例えば、価格、品質、デザイン、機能性などが考えられます。

ステップ2:データ収集

自社と競合他社の製品やサービスに関するデータを収集します。市場調査や顧客アンケートなどが有効です。

ステップ3:スケールの設定

各市場要素のスケール(例:価格は低いから高いまで、品質は低いから高いまで)を設定します。

ステップ4:マッピング

収集したデータを基に、自社と競合他社の製品やサービスをポジショニングマップ上に配置します。

ステップ5:分析と評価

マップ上に配置された各企業や製品を分析し、自社の立ち位置や競争環境を評価します。

ポジショニングマップの活用事例

usecase-image

ポジショニングマップは、さまざまな業界で活用されています。例えば、飲料業界では、価格とブランドイメージを軸に各ブランドをマッピングし、プレミアム市場と大衆市場のどちらに注力すべきかを判断する材料としています。また、IT業界では、機能性と使いやすさを軸に各製品をマッピングし、どの機能を強化すべきかを決定するための参考としています。これらの事例は、ポジショニングマップが戦略的意思決定にどれだけ有効であるかを示しています。

ポジショニングマップを効果的に活用するためのポイント

point-image

ポジショニングマップを効果的に活用するためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

ポイント1:市場要素の適切な選定

自社の強みや市場の特性に合った市場要素を選定することが重要です。

ポイント2:正確なデータ収集

信頼性の高いデータを収集することで、正確なポジショニングマップを作成できます。

ポイント4:定期的な見直し

市場環境や競合状況は変化するため、ポジショニングマップも定期的に見直し、最新の情報に更新することが重要です。

ポイント5:具体的な行動計画の策定

ポジショニングマップの分析結果を基に、具体的な戦略や行動計画を策定することが求められます。

    まとめ

    この記事では、事業の立ち位置を明確にするためのツールとして「ポジショニングマップ」の作り方を解説しました。ポジショニングマップは、自社と競合他社の相対的な位置を視覚的に把握し、戦略的意思決定を支援するための有力なツールです。市場要素の選定、データ収集、マッピング、分析といったステップを踏むことで、効果的なポジショニングマップを作成することができます。これにより、自社の強みを活かした戦略を立案し、競争力を高めることが可能となります。

      thinking-image新規事業が思いつかない、そんな時に使いたいアイデア発想法前のページ

      XAI(説明可能なAI)とは?その全容をわかりやすく説明次のページexplainable-ai

      関連記事

      1. sns-marketing-image
      2. voice-image
      3. kbf-ksf-image

        マーケティング

        マーケティング担当者が知っておくべき「KBF/KSF」とは

        マーケティング担当者にとって、競争優位を築く…

      4. market-image

        マーケティング

        市場規模をあらわす「TAM/SAM/SOM」って正しく使い分けできる?

        市場規模の分析は、事業開発や新規ビジネスの立…

      人気の記事

      1. zcareerplatform
      2. bpaas-image
      3. kurashiru-job
      4. incivility-image
      5. cognition

      最近の記事

      1. presentation
      2. solopreneur
      3. skill-image
      4. IFRS
      5. Gillette-Model

      カテゴリー

      PAGE TOP