ナレッジ

これからの職場には、「インシビリティ・マネジメント」が求められる

workplace-image

現代の職場環境では、多様な価値観や働き方が共存する一方で、コミュニケーションや人間関係の摩擦が増加しています。こうした背景から注目されているのが「インシビリティ・マネジメント」です。インシビリティとは、職場における小さな無礼や不作法を指し、これが積み重なることで職場環境や従業員のパフォーマンスに悪影響を及ぼします。本記事では、インシビリティ・マネジメントの重要性と、その実践方法について詳しく解説します。

インシビリティとは何か?

インシビリティとは、職場における小さな無礼や不作法を指します。例えば、挨拶をしない、メールやチャットの返信が遅い、会議中に他人の意見を無視するなど、直接的には大きな問題とならない行動が含まれます。しかし、これらの小さな行動が積み重なることで、職場の雰囲気が悪化し、従業員の士気やパフォーマンスに悪影響を与えることがあります。

インシビリティについては、以前BizDevキャリアでも取り上げていますので、「良い雰囲気の職場を作るために、「インシビリティ」について理解を深めよう」の記事も参考にしてみてください。

また、NewsPicksの以下の動画でも、インシビリティについても今後重要になる概念として取り上げられています。

つまり、インシビリティとは、「ハラスメントには当たらないが、職場における対人関係に悪影響を及ぼす行為」であるといえるでしょう。コロナ禍以降でリモートワークが広がり、チャットツールやオンラインミーティング等でのコミュニケーションが増えたことで、より表出してきたとも考えられます。

インシビリティが職場に与える影響

インシビリティが職場に与える影響は多岐にわたります。まず、従業員のストレスが増加し、精神的な健康に悪影響を及ぼします。さらに、無礼な行動が頻発すると、職場の信頼関係が損なわれ、チームワークが低下します。その結果、生産性が低下し、離職率が高まるリスクもあります。特に、若い世代の従業員や多様な背景を持つ従業員にとって、インシビリティは深刻な問題となりやすいです。

人材不足の時代、インシビリティ・マネジメントの重要性が高まる

インシビリティ・マネジメントの重要性は、職場環境の改善と従業員のエンゲージメント向上にあります。インシビリティを放置すると、職場全体の士気が低下し、優秀な人材の流出を招くことになります。一方で、インシビリティを適切に管理することで、従業員の満足度やパフォーマンスを向上させることが可能です。さらに、健全な職場文化を築くことで、長期的な企業の成功に寄与します。

インシビリティ・マネジメントの実践方法

how-to-use-image

インシビリティ・マネジメントを実践するためには、以下のステップが有効です。

1.教育と啓発

インシビリティの概念を従業員に教育し、その影響について啓発します。ワークショップやセミナーを通じて、無礼な行動が及ぼす影響を具体的に説明します。

2.ポリシーの導入

職場内の礼儀やマナーに関するポリシーを明確にし、全従業員に周知徹底します。これにより、無礼な行動を未然に防ぐことができます。

3.フィードバックの奨励

定期的なフィードバックセッションを設け、従業員同士が互いの行動について建設的な意見を交換できる場を提供します。

4.リーダーシップの模範

経営陣や管理職が率先してインシビリティを排除し、模範的な行動を示すことが重要です。リーダーシップが良好な人間関係を築くことで、従業員にも良い影響を与えます。

5.サポートシステムの整備

インシビリティに対処するためのサポートシステムを整備し、問題が発生した際には迅速に対応できる体制を構築します。

インシビリティ・マネジメント成功のポイント

point-image

インシビリティ・マネジメントを成功させるためには、以下のポイントに注意することが重要です。

  1. 一貫性のある対応: 全ての従業員に対して一貫性のある対応を行い、公平な職場環境を維持します。
  2. 継続的な取り組み: インシビリティ・マネジメントは一度の施策で終わるものではなく、継続的に取り組む必要があります。定期的な見直しと改善を行い、職場環境の維持に努めます。
  3. 従業員の参加: 従業員全員がインシビリティ・マネジメントに積極的に参加し、協力する姿勢を持つことが成功の鍵となります。全員が当事者意識を持って取り組むことが重要です。

こうした各企業におけるインシビリティ・マネジメントを成功に導くために、ピースマインド株式会社では神奈川県立保健福祉大学大学院ヘルスイノベーション研究科の津野香奈美准教授監修のもと、「インシビリティ・マネジメント研修」を提供しています。

ピースマインド株式会社:インシビリティ・マネジメント研修

まとめ

この記事では、インシビリティ・マネジメントの基本的な概念とその重要性、実践方法について解説しました。インシビリティを適切に管理することで、職場環境の改善や従業員のエンゲージメント向上を図ることができます。これからの職場には、インシビリティ・マネジメントが求められることを理解し、積極的に取り組むことが重要です。この記事が、企業や管理職の方々にとって有益な情報となることを願っています。

nps-image顧客ロイヤルティを図る「NPS®(ネットプロモータースコア)」とは前のページ

今注目を集める「BPaaS(ビーパース)」について、BPOやSaaSとの違いを踏まえて解説次のページbpaas-image

関連記事

  1. business-framework
  2. IFRS

    ナレッジ

    IFRS(国際会計基準)とは?日本基準との違いも踏まえて解説

    企業が財務情報を公表する際に重要な役割を果た…

  3. harassment-image
  4. effectuation-image
  5. employee-success-image
  6. bitcoin-image

人気の記事

  1. cognition
  2. bpaas-image
  3. kurashiru-job
  4. incivility-image
  5. zcareerplatform

最近の記事

  1. presentation
  2. solopreneur
  3. skill-image
  4. IFRS
  5. Gillette-Model

カテゴリー

PAGE TOP