生成AI

年間32,591時間を削減した、日清食品ホールディングスにおける生成AI活用の取り組み

company-image

生成AI技術の活用は、企業の競争力を大幅に向上させる可能性があります。日清食品ホールディングスは、生成AIを積極的に導入し、業務の効率化と生産性向上を目指しています。2023年には「NISSIN AI-chat powered by GPT-4 Turbo」を導入し、様々な分野でAI活用を推進しています。本記事では、生成AIの導入背景、具体的な活用事例、およびその効果について詳しく解説します。

参考:「生成AI活用の取り組み」日清食品ホールディングス

日清食品ホールディングスにおける生成AI活用の経緯

2023年4月3日、日清食品ホールディングスは「2023年度日清食品グループクリエーターズ入社式」において、安藤宏基CEOがChatGPTを用いて生成したメッセージを披露しました。この取り組みをきっかけに、生成AIの活用が本格化しました。安藤CEOは生成AIの可能性にいち早く注目し、これを経営戦略の一環として位置づけました​​。

生成AIのリスクと対策

生成AIの利用に際して、日清食品ホールディングスでは、以下のようにリスクを認識・定義しています。

  • 不正確な情報やバイアスのリスク:ChatGPTの回答が不正確だったり、バイアスや偏見を含む可能性があります。
  • 情報漏洩のリスク:ChatGPTに入力した内容が外部に漏洩するリスクが存在します。

これらのリスクに対処するため、日清食品ホールディングスでは専用環境を構築し、ガイドラインや啓蒙活動を徹底しています。また、社員向けのトレーニングプログラムを実施し、生成AIの適切な使い方やリスク管理についての理解を深めています。

日清食品ホールディングスでの生成AI活用の具体例

1. 営業領域での活用

2023年5月には、全国8ブロックの営業拠点からプロジェクトメンバーを選抜し、生成AIを活用した営業プロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトでは、以下の4つのステップで進行しました​​。

  1. 対象業務の洗い出し
  2. 研修実
  3. プロンプトテンプレートの作成
  4. 効果算出と成果報告

生成AIを用いて、プレゼン資料作成、商談準備、顧客データ分析など様々な業務を効率化しました。具体的には、営業担当者が顧客に提供する資料の迅速な作成や、過去の商談データを基にした効果的な提案内容の生成が可能となりました。これにより、営業活動の質とスピードが飛躍的に向上しました。

2. 問い合わせ業務の効率化

社内の問い合わせ窓口業務においても生成AIが活用されています。問い合わせ履歴データベースをGPT-4に学習させ、回答の精度と作業効率を向上させました。その結果、適切な回答のヒット率が55%から70%に向上し、作業工数の削減率も24%から32%に増加しました​​。具体例としては、社員からのITサポートに関する問い合わせに対する自動応答システムの導入が挙げられます。

3. 業務システムとの情報連携

生成AIは、各業務システムとの連携を強化し、データの一元管理と多様な情報提供を可能にしました。これにより、在庫確認や売上速報の確認が迅速に行えるようになりました​​。例えば、製品の在庫状況をリアルタイムで確認し、即座に顧客にフィードバックすることで、供給チェーンの効率化と顧客満足度の向上が図られました。

生成AI活用の効果は年間32,591時間の削減にも及ぶ

日清食品ホールディングスの生成AI活用は、年間32,591時間の作業工数削減という大きな効果をもたらしました。特に、営業部門やマーケティング部門などで顕著な成果が見られました​​。また、生成AIの導入により、社員のクリエイティブな作業時間が増え、新しいビジネスアイデアの創出にも貢献しています。

今後の展望

生成AIのさらなる活用を目指し、日清食品ホールディングスは全社的なAI活用を推進しています。具体的には、各部署でのプロンプトテンプレートの作成と展開、社内データの学習基盤の構築、業務システムとのAPI連携強化などが進められています。また、AIを利用することを前提とした業務プロセスの確立にも取り組んでいます​​。

さらに、日清食品は生成AIの活用を通じて、新たなビジネスモデルの開発や顧客体験の向上にも取り組んでいます。例えば、消費者向けのAIチャットボットを導入し、製品に関する問い合わせやレシピ提案を行うことで、顧客満足度の向上を図っています。

まとめ

日清食品ホールディングスは、生成AIを活用することで業務の効率化と生産性向上を実現しています。リスク管理を徹底しつつ、様々な部門での生成AIの導入と活用を推進しており、今後も全社的な取り組みとして拡大していく予定です。このような取り組みは、他企業にとっても参考になるでしょう。生成AIの導入は、企業の競争力を高め、持続的な成長を支える重要な要素となることが期待されます。

burning-needs-imageNice to haveではなくMust haveを目指そう!「バーニングニーズ」の見つけ方前のページ

企業版ふるさと納税とは?企業視点でのメリットについて解説次のページfurusato-image

関連記事

  1. ai-report-image
  2. perplexity-image
  3. nappy-works
  4. retrieval-augmented-generation

    生成AI

    RAG(Retrieval-Augmented Generation、検索拡張生成)とは何か

    AI技術の進化に伴い、自然言語処理(NLP)…

人気の記事

  1. nappy-works
  2. ai-report-image
  3. company-image
  4. incivility-image

最近の記事

  1. nav-image
  2. btob-marketing-image
  3. nappy-works
  4. market-image
  5. multiple-valuation-image
PAGE TOP