生成AI

ソフトバンクとの戦略的提携で注目の「Perplexity(パープレキシティ)」の魅力とは?

perplexity-image

2024年6月17日、ソフトバンクが生成AIスタートアップのPerplexity(パープレキシティ)と戦略的提携を発表しました。この提携により、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOの3ブランドの顧客は、AI検索エンジン「Perplexity Pro」を1年間無料で利用できるようになります。この記事では、Perplexityの特徴と強み、そしてソフトバンクとの提携の意義について詳しく解説します。

Perplexityの特徴と強み

まずはじめに、Perplexityとはどんな特徴を持つ生成AIサービスなのか、解説します。

1. 生成AI検索エンジン

Perplexityは、ユーザーが質問を入力すると、インターネット上の最新情報を基にした精度の高い回答を提供します。従来の検索エンジンとは異なり、Perplexityは単なるリンクのリストを表示するのではなく、具体的で詳細な回答を生成します。これにより、ユーザーは必要な情報を迅速かつ効率的に得ることができます。

2. 多様な利用方法

Perplexityは、Webブラウザやスマートフォンのアプリで利用可能です。これにより、ユーザーはどこでも簡単にアクセスでき、ビジネスシーンでもプライベートでも幅広く活用できます。特に、移動中や会議中など、迅速に情報を得たい場面での利用が期待されます。

3. 高度な大規模言語モデル(LLM)

有料版の「Perplexity Pro」では、複数の高度な大規模言語モデルを選択できるため、より充実したサービスを提供します。これにより、ユーザーは自分のニーズに最適なモデルを選び、より精度の高い回答を得ることができます。

4. 信頼性の高い回答

Perplexityは、検索結果の正確性を最優先しており、信頼性の高い回答を提供するために情報源を精査する技術を活用しています。回答には情報源のURLや関連画像も表示されるため、ユーザーは情報の信頼性を確認しやすくなっています。

ChatGPTとPerplexityはどう違う?

ChatGPTとPerplexityはどちらも生成AI技術を活用したサービスですが、その用途と機能には明確な違いがあります。

ChatGPTは、主に対話型AIとして設計されており、ユーザーとの自然な会話を通じて情報提供やタスクの支援を行います。文章生成やクリエイティブなライティング、カスタマーサポートなど、幅広い用途に対応しています。

一方、PerplexityはAI検索エンジンとして特化しており、ユーザーの質問に対してインターネット上の最新情報を基にした精度の高い回答を提供します。回答には情報源のURLや関連画像も表示されるため、信頼性が高いと評価されています。また、Perplexity Proでは複数の高度な大規模言語モデル(LLM)を選択できるため、より充実したサービスを提供します

このように、ChatGPTは対話と文章生成に強みがあり、Perplexityは信頼性の高い情報検索に特化している点が大きな違いです。

ソフトバンクとの提携の意義

次に、今回発表されたソフトバンクとの提携の意義について見ていきましょう。

参考:注目の生成AI系スタートアップのPerplexityと戦略的提携を開始(ソフトバンク株式会社)

1. 日本国内での利用者拡大

日本市場での認知度向上と利用者拡大を目指し、ソフトバンクとの提携を通じて多くのユーザーにPerplexityを試してもらうことが期待されています。日本はテクノロジーに対する関心が高く、AI技術の導入にも積極的な市場です。この提携により、Perplexityは日本市場でのプレゼンスを強化し、さらなる成長を目指します。

ソフトバンクとの提携により、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOの3ブランドの顧客は通常年間29,500円の「Perplexity Pro」を1年間無料で利用できるキャンペーンが実施されます。このキャンペーンは2024年6月19日から2025年6月18日まで行われ、同社の日本国内での利用者拡大において大きなメリットとなります。

2. 収益の拡大

1年後には収益を共有し、企業向けの提携なども視野に入れています。日本はPerplexityにとって収益の多い市場の一つであり、ソフトバンクは適切なパートナーとされています。これにより、両社は互いの強みを活かし、共に成長することが期待されます。

3. アジア市場への展開

日本に続き、韓国でもSKテレコムと提携を締結しており、アジア市場での展開を強化しています。アジア市場は急速に成長しており、AI技術の需要も高まっています。Perplexityは、ソフトバンクやSKテレコムとの提携を通じて、アジア全体でのプレゼンスを強化し、さらなる市場拡大を目指します。

Perplexityのビジネスパーソン向けの活用メリット

hint-image

ここまで、Perplexityのサービスの特徴やソフトバンクとの提携による狙いについて説明してきました。ここからは、実際にPerplexityを使うビジネスパーソンにとってどのような活用メリットがあるのかを説明します。

1. 効率的な情報収集

ビジネスパーソンにとって、迅速かつ正確な情報収集は重要です。Perplexityは、質問に対して具体的で詳細な回答を提供するため、必要な情報を効率的に得ることができます。これにより、業務の効率化が図れます。

2. 信頼性の高い情報

Perplexityは、情報源を精査し、信頼性の高い回答を提供します。ビジネスにおいては、信頼性の高い情報が求められるため、Perplexityのサービスは非常に有用です。

3. 多様な利用シーン

Perplexityは、Webブラウザやスマートフォンのアプリで利用可能なため、オフィスや外出先など、さまざまなシーンで活用できます。これにより、ビジネスパーソンはどこでも必要な情報を得ることができます。

4. 無料トライアルの活用

ソフトバンクとの提携により、1年間無料で「Perplexity Pro」を利用できるキャンペーンは、ビジネスパーソンにとって大きなメリットです。この期間中にサービスを試し、その有用性を実感することができます。

まとめ

ソフトバンクとの戦略的提携により、生成AI検索エンジン「Perplexity(パープレキシティ)」は日本市場での注目度が一気に高まりました。Perplexityは、精度の高い回答を提供する生成AI検索エンジンとして、ビジネスパーソンにとって非常に有用なツールです。ソフトバンクとの提携を通じて、日本市場でのさらなる成長が期待されており、今後の展開に注目が集まります。

career-image人生100年時代に大切な「キャリアオーナーシップ」という考え方前のページ

新規事業を検討する際に意識すべき「モート(moat)」とは次のページmoat-image

関連記事

  1. artificial-super-intelligence

    生成AI

    AI、AGIそしてASI(人工超知能)へ、社会はどう変わっていくのか

    AI(人工知能)は現代社会の多くの分野で大き…

  2. singularity-image

    生成AI

    シンギュラリティは2045年?AIが人間の知性を超える転換点を迎える時

    シンギュラリティ(技術的特異点)とは、人工知…

  3. retrieval-augmented-generation

    生成AI

    RAG(Retrieval-Augmented Generation、検索拡張生成)とは何か

    AI技術の進化に伴い、自然言語処理(NLP)…

  4. AIOps-image

    生成AI

    AIを活用しIT業務の自動化・効率化を実現する「AIOps」とは

    業務の自動化や効率化を目指す企業が増える中、…

  5. contents-ai-guidebook

    生成AI

    経産省が発表した「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」を理解しよう

    画像引用:コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック(…

人気の記事

  1. kurashiru-job
  2. zcareerplatform
  3. bpaas-image
  4. cognition
  5. incivility-image

最近の記事

  1. solopreneur
  2. skill-image
  3. IFRS
  4. Gillette-Model
  5. north-star-metric

カテゴリー

PAGE TOP