ナレッジ

大谷翔平選手も使った目標達成のためのフレームワーク「マンダラチャート(マンダラート)」

mandalachart

大谷翔平選手が目標達成のために活用している「マンダラチャート(マンダラート)」というフレームワークをご存知ですか?この手法は、目標を視覚化し、具体的な行動計画に落とし込むことで効果的に目標達成を支援します。本記事では、マンダラチャート(マンダラート)の基本的な概念、具体的な活用方法、そしてその効果について詳しく解説します。

マンダラチャート(マンダラート)とは?

マンダラチャート(マンダラートとも呼ばれます)は、経営コンサルタントである松村寧雄氏が考案した目標達成のための思考整理ツールです。このフレームワークは、中心に主目標を配置し、その周囲に関連する要素を配置することで、視覚的に目標達成のためのステップを明確にします。名前の由来は、仏教の曼荼羅(マンダラ)からきています。

マンダラチャートの最大の特徴は、目標を具体的に、かつ細分化することで、目標達成への道筋を明確にする点です。中心の目標から始めて、次にそれに関連する8つの要素を考え、その各要素についてさらに細分化します。これにより、目標達成に必要な具体的なアクションが見えてきます。

マンダラチャートについては、こちらの動画でも詳しく説明されています。

動画引用:【公式】マンダラチャートとは?9マス思考の発想法の原点、松村寧雄

マンダラチャートの作成手順

beginner-image

マンダラチャートの作成は非常にシンプルです。以下のステップを順に進めていきます。

ステップ1:中央に主目標を設定

中央の枠に達成したい主目標を記入します。この目標は具体的で明確なものにしましょう。

ステップ2:周囲に関連する8つの要素を配置

中央の目標を達成するために必要な主要な要素を8つ考え、中央の周囲に配置します。

ステップ3:各要素をさらに細分

それぞれの主要な要素についてさらに8つの詳細な要素を考え、周囲に配置します。

ステップ4:行動計画の策定

細分化した要素に基づいて、具体的な行動計画を立てます。これにより、目標達成に向けた具体的なステップが明確になります。

大谷翔平選手が実践した例

大谷翔平選手は、高校時代にマンダラチャートを使って目標達成を目指しました。彼のマンダラチャートの中心には「ドラフト1位で8球団から指名される」という目標が掲げられていました。その周囲には、「球速160km/h達成」や「食事 夜7杯、朝3杯」など、具体的な目標が配置されていました。

これにより、彼は日々のトレーニングや生活の中で具体的に何をすべきかを明確にし、実行していったのです。

画像引用:オオタニサンのマンダラチャート(森田明夫のやってきたこと)

マンダラチャートの効果と利点

マンダラチャートを活用することで得られる効果は多岐にわたります。まず、目標を視覚的に整理することで、目標達成のための具体的なステップが明確になります。また、目標を細分化することで、達成感を感じやすくなり、モチベーションの維持にもつながります。

さらに、マンダラチャートは柔軟性が高く、個人の目標だけでなく、チームや組織の目標達成にも応用可能です。ビジネスのプロジェクト管理やチームビルディングにも有効であり、多くの分野で活用されています。

まとめ

マンダラチャートは、目標を具体的に視覚化し、達成へのステップを明確にする強力なツールです。大谷翔平選手の成功例からもわかるように、このフレームワークを活用することで、目標達成への道のりを効果的に計画・実行できます。個人の目標からビジネスのプロジェクトまで、幅広く応用可能なマンダラチャートを、ぜひあなたも活用してみてください。

artificial-super-intelligenceAI、AGIそしてASI(人工超知能)へ、社会はどう変わっていくのか前のページ

設立半年で評価額3,000億円超に到達したAIスタートアップ、「Cognition AI」とは次のページcognition

関連記事

  1. affirmative-action-image
  2. career-image

    ナレッジ

    人生100年時代に大切な「キャリアオーナーシップ」という考え方

    「人生100年時代」に突入し、一つの会社で定…

  3. nav-image
  4. side-job-image
  5. abduction-image
  6. hp

    ナレッジ

    経営と人事戦略を結びつける戦略人事のプロフェッショナル「HRBP」とは

    現代のビジネス環境は急速に変化しており、企業…

人気の記事

  1. incivility-image
  2. bpaas-image
  3. kurashiru-job
  4. zcareerplatform
  5. cognition

最近の記事

  1. solopreneur
  2. skill-image
  3. IFRS
  4. Gillette-Model
  5. north-star-metric

カテゴリー

PAGE TOP