DX

総務省が策定した「自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画【第 3.0 版】」の内容をわかりやすく解説

local-government-image

総務省が策定した「自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画【第 3.0 版】」は、地方自治体におけるデジタル化を加速させるための具体的な指針を示しています。本記事では、同計画の主要なポイントと自治体が取り組むべき具体的な施策についてわかりやすく解説します。また、「自治体におけるDXの推進体制の構築」についても詳しく説明します。

計画の背景と目的

総務省が策定した「自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画【第 3.0 版】」は、地方自治体がデジタル技術を活用して住民サービスを向上させるとともに、行政の効率化を図ることを目的としています。新型コロナウイルスの影響で明らかになったデジタル化の遅れを解消し、「新たな日常」に対応するための変革が求められています。この計画は、地域間でデータを円滑に活用し、行政サービスの質を向上させることを目指しています。

参考:自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画【第 3.0 版】(総務省)

自治体DX推進のための7つの重点施策

action-image

本計画には、自治体が取り組むべき具体的な施策が示されています。主な施策は以下の通りです。

施策1:自治体フロントヤード改革

住民と行政の接点を充実させることを目的とし、オンライン申請や窓口の多様化を推進します。

施策2:情報システムの標準化・共通化

自治体間での情報システムの標準化を進め、効率的な運用を図ります。

施策3:公金収納におけるeLTAXの活用

公金収納の効率化を図るため、eLTAX(地方税共通納税システム)を積極的に活用します。

施策4:マイナンバーカードの普及促進・利用推進

マイナンバーカードの普及とその活用を促進し、行政手続の簡素化を目指します。

施策5:セキュリティ対策の徹底

自治体の情報セキュリティ対策を強化し、デジタル化に伴うリスクに対応します。

施策6:自治体の AI・RPA の利用推進

AIやRPA技術の導入を推進し、自治体の定型業務の効率化を実現します。

施策7:テレワークの推進

ICTを活用して職員一人ひとりに合った働き方を実現し、人材確保と定着を図ります。

上記7つの施策を進めていくために必要なアクションとして、「デジタル人材の確保・育成」「自治体の情報システムの標準化・共通化」「住民サービスの向上と行政の効率化」「自治体におけるDXの推進体制の構築」といったものがあげられています。ここから、それぞれのアクションについて解説していきます。

デジタル人材の確保・育成

human-resource

自治体のDX推進には、デジタル技術に精通した人材の確保・育成が不可欠です。総務省は以下のような取り組みを通じて自治体の人材育成を支援しています。

研修プログラムの提供

自治体職員向けのデジタル技術に関する研修プログラムを提供し、スキルアップを図ります。

デジタル人材のマッチング

自治体とデジタル人材のマッチングを支援し、適切な人材の確保をサポートします。

外部人材の活用

必要に応じて外部のデジタル専門家を活用し、自治体内のデジタル化を推進します。

自治体の情報システムの標準化・共通化

system

情報システムの標準化・共通化は、自治体間の連携を強化し、行政手続のオンライン化を推進するための重要な施策です。

標準化の実現

2025年度末までに情報システムの標準化を実現することを目指し、現行システムの調査やスケジュール策定など計画的な取組が求められています。

共通システムの導入

自治体間で共通の情報システムを導入し、コスト削減と業務効率化を図ります。

住民サービスの向上と行政の効率化

correspondence

自治体DXの最終目標は、住民サービスの向上と行政の効率化です。

オンライン申請の推進

行政手続のオンライン化を進め、住民の利便性を高めます。

多様な窓口の実現

オンラインとオフラインの両方で多様な窓口を提供し、住民のニーズに応えます。

業務プロセスの見直し

業務プロセスを見直し、デジタル技術を活用して効率化を図ります。

自治体におけるDXの推進体制の構築

organization

自治体におけるDX推進体制の構築は、効果的なデジタル化を実現するために不可欠です。本計画では、以下の4つの主要な取組を示しています。

組織体制の整備

限られた予算の中で、全体最適化を目指して組織の壁を越えた連携が必要です。首長のリーダーシップの下、CIO(最高情報統括責任者)を中心とする全庁的なDX推進体制を整備します。

デジタル人材の確保・育成

デジタル技術に精通した人材を確保し、育成することが重要です。特に、小規模な市町村では都道府県との連携が不可欠であり、広域的な人材確保の仕組みが求められます。

計画的な取組

現行システムの調査、スケジュール策定を行い、計画的にDXを推進します。また、全庁的・横断的な推進体制を整えることが必要です。

都道府県と市区町村の連携

特にデジタル人材の不足が顕著な小規模自治体においては、都道府県が積極的に支援し、連携して推進体制を構築することが重要です。

まとめ

総務省の「自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画【第 3.0 版】」は、地方自治体がデジタル技術を活用して住民サービスを向上させ、行政の効率化を図るための具体的な指針を提供しています。本記事では、計画の背景と目的、具体的な施策、デジタル人材の確保・育成、情報システムの標準化、そして住民サービスの向上と行政の効率化について解説しました。

business-frameworkビジネスシーンで活用できる、「6W3H」フレームワークの使い方と「5W1H」との違い前のページ

セキュリティリスクを最小化するためにも、IdPとSAML認証について理解しておこう次のページsecurity-image

関連記事

  1. security-image

    DX

    脱VPNが進む背景と、代替ソリューションとして期待される「ZTNA」

    昨今、企業のネットワークセキュリティのあり方…

  2. DX

    レガシーシステムから脱却しDX化を実現するための「モダナイゼーション」

    DX(デジタルトランスフォーメーション)は、…

  3. nft-image

    DX

    ところで、「NFT(非代替性トークン)」について正しく説明できる?

    デジタルアートやゲームアイテム、音楽などの分…

  4. DX

    企業のDXを加速する「ローコード」「ノーコード」について徹底解説

    デジタルトランスフォーメーション(DX)は、…

  5. reskilling-image

    DX

    DX時代に必要なリスキリングとは?リカレントとの違いも知っておこう

    デジタルトランスフォーメーション(DX)の進…

  6. DX

    Society5.0とは?日本政府が提唱する、これからの社会を表すコンセプト

    近年、急速に進化するテクノロジーの中で、日本…

人気の記事

  1. bpaas-image
  2. kurashiru-job
  3. cognition
  4. zcareerplatform
  5. incivility-image

最近の記事

  1. presentation
  2. solopreneur
  3. skill-image
  4. IFRS
  5. Gillette-Model

カテゴリー

PAGE TOP